社会問題となる低血糖症、その原因と対策!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

低血糖症について、なぜ起こるのかお伝えしました。

糖質過剰なのに低血糖症!?

 

 

この低血糖症、

今、大きな社会問題を引き起こしています。

 

 

気づいていない方も多いですし、

目を背けたい方も多いです!

 

 

僕も、目を背けたい!!

 

 

でも、僕自身、健康のために、少しでも改善したい。

 

多くの人に知ってもらって、

健康な毎日をおくってもらいたい!

 

 

そういう思いで、

低血糖症によって、今何が起こっているのかお伝えします。

 

 

社会問題となっている低血糖症

 

低血糖症の原因は、大きくわけて2つ

「糖質過多」「糖質不足」

でした!

 

 

真逆な原因ですが、知られざる社会問題となっている低血糖症を引き起こしているのは主に、糖質過多によります!

 

 

①低血糖症でどのような症状がでるの?

 

○アドレナリンによるもの

 

・不安、緊張

・イライラ

・動悸

などなど

 

 

○グルカゴンによるもの

 

・空腹感

・悪心、嘔吐

などなど

 

 

○コルチゾール(ステロイド)によるもの

 

・自己免疫疾患

・アトピー性皮膚炎

・リウマチ

などなど

 

 

○甲状腺ホルモンによるもの

 

・甲状腺機能低下症

・甲状腺機能亢進症

・体重変動

などなど

 

 

○低血糖症状

 

・めまい、立ちくらみ

・眠気

・意識障害

などなど

 

 

数え切れないくらい様々な症状がでます!!

 

 

「お昼ごはんを食べたら、眠たくなってきた!」

「10時と15時は、お腹がすくからおやつタイム!!」

 

 

みなさんも、こんな経験があるのではないでしょうか?

 

 

これはすでに低血糖症に陥っている可能性があります!!!

 

 

②低血糖症の症状が起こる原因

 

糖質過剰なのに低血糖症!?

でもお伝えしましたが、

 

・急激な血糖の上昇に対して、インスリンが分泌されます。

・インスリンの分泌によって血糖が下がりすぎてしまいます。

・血糖値を上げるために、アドレナリンなどのホルモンが分泌されます。

 

 

この血糖値を上昇させようとするホルモンの働きによって、

低血糖症の症状がでます!

 

 

コレが短期間であれば、大きな問題はありません!

 

ですが、

毎日毎日同じことが繰り返されると、

調整機能が破壊されてしまいます!!

 

 

これはバネをイメージするとわかりやすいです!

 

バネって引っ張るともとに戻りますよね。

でも、引っ張り過ぎたら元に戻れなくなってしまいますよね。

これと同じです。

 

 

こういった意味で、

低血糖症というのは、

単に低血糖の状態になっているというわけではなく、

血糖をコントロールする機能が破壊されてしまっている

ということができるのかもしれません!!

 

 

「人類」という大きな話になってしまうんですが、

人類の歴史で、「飢餓」と「飽食」どちらの時代のほうが長かったと思いますか?

 

 

そうですよね、

僕たち人類は、圧倒的に飢餓の時代が長かったんです!

 

 

そのため、ヒトが備えている機能は、

飢餓に備えるほうが発達しているんです。

 

 

だから、

血糖値を下げるホルモンはインスリンしかないのに、

血糖を上げるホルモンはアドレナリンやグルカゴンなどいくつかあるんです!

 

 

それに、いつ飢餓になっても良いように、

栄養が豊富なものはカラダに蓄えようとします。

 

ヒトは、本能的に太りやすいんです!!

 

 

③こんなヒトは要注意!!

 

「私は糖尿病じゃないから大丈夫」

「健康診断でA判定!!だから、大丈夫でしょ!」

 

 

糖尿病であろうがなかろうが関係ありません!

 

健康診断が良かろうが悪かろうが、これも関係ありません!!

 

 

だって、昼食後の眠気、経験したことありますよね!!

 

 

そうです、

低血糖症は誰にだって起こり得ます!

 

 

その中でも、特に注意が必要なヒトの特徴をあげますね。

 

・炭水化物が大好きで、毎食たくさん食べる

・甘いものがないとイライラする

・常に落ち着かない

などなど

 

 

あるお菓子のCMをご存知でしょうか?

 

「こいつ、お腹が空くと○○みたいになるんだ!」

「ドンガラガッシャーン!ガンガン!!」

はい、お菓子

「ぱくぱく」

元に戻る

 

みたいな内容のやつです!!

 

まさにコレです!

 

 

④増え続ける精神疾患

 

・気分が落ち込む

・気持ちが高ぶる

・発達障害

などなど

 

 

色んな「精神の状態」に対して、

様々な「病名」が付けられています。

 

 

これらの精神疾患、

増え続けていて大きな社会問題になっています。

 

 

すべてとはいいません!!

ですが、その多くに低血糖症が関わっています!!

 

 

こんな話を聞いたことがあります。

 

学校でどうしても落ち着かない子がいて、

その子を落ち着かせるためにお菓子をあげる

そうすると落ち着くそうです

 

 

これって完全に・・・ですよね!

 

低血糖症、知られざる社会問題です!!

 

 

⑤低血糖症を改善するために

 

低血糖症の改善方法はいたってシンプルです!!

 

原因は、図にあるように血糖値の乱高下です。

 

 

つまり、

血糖値が変動しない(血糖値を上げすぎない)生活をおくる!

それが低血糖症の治療になります!!

 

 

これって実は糖尿病も同じです!!

 

そう考えると、

低血糖を引き起こす可能性があるような現在の糖尿病治療って大問題!!

って思います。

 

さいごに

 

この記事を書いていて、自分に当てはまりすぎてて本当に嫌な気持ちになりました。

 

同じように気分を害された方もみえるかもしれません。

それにもかかわらず最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

 

 

もう一つだけ・・・

 

子どもの精神疾患

決して、その子のせいではありません。

 

原因は、大人である僕たちにあります。

そこには、普段の生活習慣、特に食生活が大きく関わっています。

 

大切な子どもを守るため、まずは大人である僕たちから変わっていきましょう!

 

 

今回は、嫌なお話でした(汗)

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です