糖尿病、高血糖だけでなく低血糖にも注意しよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

糖尿病は、血糖が高い状態が続くことによって発症します。

糖尿病とは?現在の定義に待ったをかける!

 

 

だから、血糖が高い状態

高血糖状態に意識が傾きがちになります。

 

 

血糖値に関して、

高血糖の他にもう一つ注意しなければいけないことがあります。

 

 

それは血糖値が低い状態

低血糖状態です。

 

 

低血糖状態は、高血糖状態よりも急激に症状が出ます!!

 

 

そういう意味では、

高血糖状態よりも低血糖状態のほうが注意が必要かもしれません!

 

 

今回は、低血糖に対してどのように対応するかについてお伝えしていきます。

 

 

1.低血糖状態とは

 

 

低血糖状態は、その名の通り血糖値が低くなりすぎる状態のことです。

 

 

血糖値でいうと、70mg/dL未満が一般的に低血糖とされています。

 

 

2.低血糖状態では、どんな症状がでるの?

 

 

低血糖でみられる症状は、その度合いによって異なります。

 

①自律神経症状(血糖値:55~70mg/dLくらい)

 

・空腹感

・冷や汗

・動悸

・ふるえ

・不安感

などなど

 

 

患者さんに聞くと、

 

「冷や汗」や「ふるえ」などの症状が出ていつもと違う感じがする

 

と言われます。

 

 

②中枢神経症状(血糖値:50mg/dLくらい)

 

・脱力感

・眠気

・攻撃的、不機嫌

・抑うつ

などなど

 

 

驚きですよね、

低血糖によって、精神症状が出ます!!

 

 

③大脳機能の低下(血糖値:30mg/dLくらい)

 

・けいれん

・意識消失

・昏睡

などなど

 

 

低血糖が進行すると、命に関わります!!

 

 

「寝ている間に低血糖が進行し、朝、亡くなっていた」

 

という話が、冗談ではなく実際に起っています!!

 

 

④無自覚低血糖症に注意

 

 

低血糖状態でも症状が現れない方もみえます。

 

 

低血糖を繰り返すことによって、慣れてしまうことが原因だと考えられています。

 

 

いきなり昏睡!

 

 

みたいなことも、ありえるそうです。

 

 

少なくとも、低血糖症状が進行した状態で気づくことになるので、注意が必要です。

 

 

血糖値はあくまで目安です。

個人差も多く、出やすい症状、出にくい症状があります。

 

 

3.低血糖の原因は?

 

健康なヒトであっても、低血糖になります。

 

でも、健康なヒトが低血糖で昏睡に陥ったり、命を落としたりすることは、まずありえません。

 

 

健康なヒトの低血糖については、別の機会に譲るとして、

この低血糖症状、やっぱり糖尿病患者さんで多くみられます。

 

 

「糖尿病は血糖が高いんじゃないの?」

「低血糖は起こりにくいんじゃないの?」

 

 

よく考えると、まったく矛盾していますよね。

 

 

この矛盾を引き起こしているのが、薬です!!

 

 

糖尿病の方は、

血糖を下げる薬を服用しています。

それによって血糖値が下がりすぎてしまうから、

低血糖状態に陥ります。

時には、命に関わるような事態が起こったりもします!!

 

 

現在の糖尿病治療の大きな問題点であり、矛盾点でもあります!!

こちらでも問題点をお伝えしています。

シックデイはなぜ起こるのか?その本当の原因!

 

 

4.ということを踏まえて、低血糖になりやすいヒトは?

 

インスリン注射や血糖を下げる薬を服用している方で

 

・食事が取れなかった場合

・血糖が下がった状態で、激しい運動をした場合

・薬の量を調整(増量)した場合

などなど

 

 

結局、

低血糖を起こしやすい大前提は、

薬を使っていることです。

 

 

5.低血糖になったらどうすればいいの?

 

低血糖は、

血糖が下がりすぎている状態ですので、

血糖値を上げることによって回復します。

 

 

対処法は

 

・ブドウ糖の補給

・砂糖をとる(食べる)

・飴やチョコレートをとる

・ジュースを飲む

など

 

 

これもおかしな話だと思いませんか?

 

 

薬で下げすぎてしまった血糖を、

本来は摂取を控えなければいけない糖質をとることによって上げる。

 

 

現在糖尿病治療は、矛盾の塊です!!

 

 

・自分で対応できない場合

 

低血糖によって意識障害が発生している場合は、

自分で対応することが困難になります。

 

 

そのようなときは周りの方の力を借りる必要があるので、

家族や同僚などご自身が伝えられる範囲で伝えておくと、

もしものときに生命を守ることにつながります。

 

 

・α-グルコシダーゼ阻害薬を服用中の方で注意すること

 

 

よくある注意事項です!!

 

 

糖尿病治療薬の中には、糖質がブドウ糖に分解されるのを遅くする薬があります。

 

 

α-グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれる種類の薬ですが、

これを服用している時は砂糖が吸収されにくい状態になっています。

 

 

低血糖時に、砂糖や飴などをとっても改善されにくくなります。

そのため、必ずブドウ糖を摂るようにしてください!!

 

 

6.似たような症状に注意

 

 

実際に体験したことをお伝えします。

 

低血糖症状は、

 

・ろれつが回らない

・意識が朦朧とする

・ふるえがでて、おぼつかない

などなど

 

が出ます。

 

 

コレって、よくテレビの健康番組なんかで出てくる症状と似ていませんか?

 

 

そうです、脳梗塞など脳に異変があるときの症状と似ています。

 

 

実際、低血糖と思われていたヒトが、実は脳梗塞だった事がありました。

 

 

低血糖症状は、糖質の補給で対処してから10~15分くらいで回復してきます。

もしも、30分や1時間たっても症状に改善がみられないときは、救急車を呼ぶなどの緊急対応もする必要があります!

 

 

まとめ

 

・低血糖症状は、命にかかわることがあります。

・血糖値を下げる薬を服用している方で起こりやすくなります。

・低血糖時は、ブドウ糖などの血糖を上げるものを摂取してください。

・脳梗塞など別の病気の可能性もあるので、注意が必要です。

 

 

糖尿病は、様々な症状を引き起こします。

加えて、現在の糖尿病治療も、様々な症状を引き起こします。

 

 

普段から、血糖の変動を抑えるような生活を送ることが大切です!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です