高コレステロールは問題か?コレステロール低下医療の必要性と問題点!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星




 

コレステロールは下げなければいけない!

コレステロールは高いほうがいい!

 

今、コレステロールについて、

様々な見解が述べられています。

彷徨うコレステロール論争!脂質異常症に入るにあたって

 

 

どの情報を信じたらいいのか、

迷ってしまいますよね!

 

 

そこで今回は、

「コレステロールは下げなければいけないのか?」

ということについて、

現在のコレステロール低下医療の必要性と問題点についてお伝えします!

 

 

1.コレステロールは下げなければいけないのか?

 

さっそくですが、

本題に突入します。

 

 

コレステロールは下げなければいけません!

 

 

もっと正確にお伝えすると、

 

 

高すぎるLDLコレステロールは下げなければいけません!

 

 

「高すぎる」

という表現ですが、

どのくらいが高すぎるのかということに関しては、

明確になっていません。

 

ですが、

健康診断などで用いられているような

現在の基準は、低く設定されすぎている!

ことが指摘されています。

 

 

高血圧もそうですが、

この基準の設定によって、

対象患者さんが大幅に増減してしまうことになるので、恐ろしい話です。

 

 

ということで、もう少し正確に結論から先にお伝えすると、

 

今の基準よりは高くても大丈夫ですが、

高すぎるLDLコレステロールは、下げなければいけません!

 

 

(1)全員が知っているコレステロールを下げる必要性

 

コレステロールを下げる必要性について、

実は、誰もが認識しています。

 

これは、コレステロール低下医療に異を唱えている方も同じです。

 

 

コレステロール低下医療に異を唱えている方も

「家族性高コレステロール血症の患者さんのコレステロールは下げなければならない!」

と言っています。

 

 

もしもコレステロールが高くても問題ないのであれば、

家族性高コレステロール血症であっても、コレステロールを下げる必要はないはずです。

 

 

しかし、

家族性高コレステロール血症については、

誰もが口をそろえて、コレステロールを下げなければいけない!

と言っています。

 

 

「家族性高コレステロール血症の方は、コレステロールが高いと問題!」

「家族性高コレステロール血症ではなくコレステロールが高い方は、コレステロールが高くても問題ない!」

と考えるのは、いささか無理があるのではないでしょうか?

 

家族性高コレステロール血症については、こちらも参考にしてみてください。

家族性高コレステロール血症とは?原因とタイプを知ろう

 

 

(2)家族性高コレステロール血症とそうでない場合とでは、何が違うのか?

 

では、なぜそのような見解が生まれるのか、

家族性高コレステロール血症とそうでない場合との違いをみていきましょう。

 

これも結論からお伝えすれば、

コレステロールの循環の違いになります!

 

 

家族性高コレステロール血症では、

コレステロールの受け皿(受容体)がないために、

コレステロールを上手に利用することができません。

 

 

家族性高コレステロール血症でない場合は、

コレステロールを受け取る受容体が機能していて、

コレステロールの循環が働いています。

 

 

あくまでも仮の話ですが、

極論的にいえば、

コレステロールの循環さえうまくいっていれば、

コレステロールはどれだけ高くても問題ではない!!

ということです。

(さっきと矛盾してるじゃん!って話ですけど、、、あくまでも仮です(汗))

 

 

ですが、

今まで正常だったコレステロールが高くなっていくということは、

何かしらの原因でコレステロールの循環が滞っている!

と考えるほうが自然なので、

コレステロール問題ない説に従って

「コレステロールはどれだけ高くても大丈夫!」と都合よく考えるのは問題!!

ということになります。

 

 

(3)いったりきたりしたけれど・・・

 

結論として、

高すぎるLDLコレステロールに対しては対処が必要!

ということになります。

 

ですが、現在のコレステロール低下医療は、

高コレステロール血症に対する薬物療法のみになっている・・・

 

問題はココにあります!!

 

 

2.現在のコレステロール低下医療の問題点

 

「コレステロールが高い!」

 

と言われたら、

 

「これ飲んで!」

 

と薬をだされる流れになることが多いのではないでしょうか。

 

 

コレステロールを下げる薬はたくさんありますが、

現在は、スタチン系と呼ばれる薬が主流で使用されています。

 

 

スタチン系薬剤のコレステロール低下効果はめちゃくちゃ強いです。

 

薬を飲めば、検査の結果が良くなって

「薬が効いている!」

とハッキリと認識することができます。

(効果がある薬を使いたいとは誰もが思うことなので、スタチン系薬剤がメインで使われるのもうなずけます・・・)

 

 

スタチン系薬剤の中でも

ストロングスタチンと呼ばれるものは、

コレステロールの数値を、

なんと50%も下げる効果があるとも言われています。

 

50%っていうと、

数値を半分にするってことですよ!

200 だったら 100 に

400 だったら 200 に

みたいな感じです。

劇的な効果ともいえますよね!

 

 

こんなに下げていいものなのか、正直、怖いですが、

家族性高コレステロール血症高すぎるコレステロールを下げるためには、

必要な場合もでてきます。

(家族性高コレステロール血症では、薬の効果があまりないことも報告されているため、別の治療がとられることがあります。)

 

 

また、スタチン系の薬には、

プラーク(血管を細くする原因(動脈硬化の原因の一つ))小さくして血管を拡げる(弾力を保つ)効果がある!

という報告もされています。

 

 

そのため、

動脈硬化が進んでいたり、プラークの形成が認められる方も、

薬を飲むことが必要になってくるのではないでしょうか。

 

 

ここでお伝えしたいのは、

「薬を飲む」ということにたどり着くのは、

単純に数値が高いからという理由ではなく、

もっと様々な要因も考慮に入れる必要がある!

といったハードルがあるということです。

 

ですが、

「しっかり調べてから・・・」

ということが、なかなかできていないのが現状ではないでしょうか。

 

これには色々な理由があります。

 

もちろん、医療機関側の問題も大きいのですが、

患者さん側の問題もあります。

 

それは、

何回も病院に通って、色々な検査を受けて、・・・

とやるよりも

薬を飲んだほうが楽だし、効果が早い(目に見えて分かる)からです!

 

 

薬の専門家である立場から、

個人的に、なんでもかんでも薬に頼っている現状に問題を感じています。

 

 

週間○○じゃないですけど、

もっと薬を飲むことに抵抗を感じてほしいと思っています!

 

 

薬を飲むということはそれ相応の覚悟をもつ必要があるからです。

 

 

(1)薬には必ず副作用がある

 

薬は劇的な効果を示してくれます!

 

この劇的な効果のために、

どうしても薬に頼ってしまいがちなのですが、

劇的な効果は時に、

取り返しのつかない事態を招く可能性があります。

 

 

最近、

「睡眠薬を混入させて事故を誘発した!?」

とか、

「高血圧の薬で死亡した!」

といったニュースがありました。

 

 

「食塩中毒死!?」

というようなことも話題になっています。

 

 

これって軽く捉えてはいけないんです!

 

 

皆さんにも馴染みが深い

睡眠薬高血圧の薬でも

ましてや毎日食卓にのぼる食塩ですら

ヒトの生命に関わることがあるということです!

(ちなみに、食塩と塩分(塩)は全く別物といっても過言ではないので、注意してくださいね。)

 

そしてこれは、

すべての薬でも同じことがいえます。

 

 

すべての薬です!

 

 

薬には必ず副作用があります!

 

 

副作用というのは、

望ましくない作用に都合よく名前をつけただけで、

実際には薬をのむことによってカラダに起こる作用です。

 

 

ですから、

副作用は薬によって必然的にもたらされた作用になります!

 

 

話が変な方向に向かいそうですが、

薬物療法の一つの問題点としては副作用が挙げられます。

 

 

コレステロールを下げるスタチン系の薬や

中性脂肪を下げるフィブラート系の薬では、

「横紋筋融解症」という副作用が問題として取り上げられます。

 

横紋筋融解症:

横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状、またはそれを指す病気のこと。

重症の場合には腎機能の低下を生じ、腎不全などの臓器機能不全を発症し、死に至る場合もある。

「ウィキペディア」

 

コレステロール低下薬(脂質異常症治療薬)と横紋筋融解症については、

色々なところで取り上げられているので、ここでは、

薬には必ず副作用があるよ!

ということにとどめさせていただきます。

 

 

(2)現在のコレステロール低下薬の本当の問題

 

コレステロール低下医療に異を唱える方が問題視しているのは、

コレステロールを低いほうが、死亡率が上昇するということです。

 

これは、

コレステロールが高いほうが総死亡数が少ない!

という調査結果をもとに主張されています。

 

 

これに対して、

コレステロールが高いほうが、動脈硬化系疾患が増える

といって、コレステロール低下医療を推奨している主張もあります。

 

 

コレステロール論争と呼ばれるこの対立は、

2つの学会の主張の違いによって生じているんですが、

どこを重要視しているかという切り口の違いが根本的な原因です。

 

 

ですから、

どちらが正しくて、どちらが間違っているのか

ということはなく、

どちらも正しいことを主張しています。

 

 

ただし、

コレステロールの基準値に関しては問題がある

と思いますし、

コレステロールを下げるために薬物療法一辺倒になっている

ことも大きな問題です。

 

 

薬物療法一辺倒がなぜ問題となるのでしょうか。

 

もちろん副作用の問題もあります。

 

ここでは、副作用以外の問題についてお伝えします。

そして、こちらの方が本質的な問題だと考えています!

 

 

それは、

コレステロールは本来、

カラダにとって無くてはならない存在であり、

コレステロール自体に良いも悪いもないからです!

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

LDLコレステロール悪玉コレステロール

HDLコレステロール善玉コレステロール

と呼ばれ、

あたかもコレステロールに悪玉と善玉があるように勘違いしてしまいますが、

コレステロール自体には、良いも悪いもありません!

(これは本当に重要なことです!)

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

このことは、お医者さんも薬剤師も知っていることなのですが、

いざ治療ということになると、なぜかどこかへ飛んでいってしまいます(汗)

 

「LDLコレステロールは下げましょう!」

「HDLコレステロールは低いとダメです!」

 

みたいな感じで。

 

 

たとえば、

LDLコレステロールを下げるために使われるスタチン系の薬(先程から登場しているんですが)、

これは、コレステロールをカラダで作らないようにさせることによって効果を発揮する薬です。

 

カラダはコレステロールをつくることができないから、

当然、LDLコレステロールは下がりますよね。

 

 

現在の医療の考え方は、

LDLコレステロールが下がったから良かったね!

みたいになっているので、

これで治療が成功しているということになります。

 

 

よ~~~く考えてくださいね、本当にこれでいいのでしょうか?

 

 

何度もお伝えしているとおり、

コレステロールは本来、カラダにとって無くてはならない存在です!

 

それなのに、カラダでつくれなくしてしまうんですよ(汗)

(もちろん、全部じゃないです。)

 

 

LDLコレステロールというのは、

カラダ中にコレステロールを届ける役割を果たしています。

コレステロールを理解する!LDLコレステロールとは?

 

LDLコレステロールが減るということは、

カラダを構成する組織に十分コレステロールが運ばれないということになります。

 

 

コレステロールは、

強い細胞を作るための材料となったり、

ストレスやバイキンなどからカラダを守る免疫機能にも大きく関わっています。

 

つまり、

全身に届くコレステロールが少なくなるということは、

しっかりとした細胞ができなくなったり、

免疫機能が弱くなる事が考えられます!

 

 

ここで免疫という言葉がでてきましたが、

免疫と聞いてある病気を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

 

そうです、ガンです!

 

 

現在のコレステロール低下医療が、ガンを増やしているのではないか!?

というような見解を示されている方もみえます。

(コレステロール低下医療に異を唱えている方は、死亡率の他に、ガンとの関係についても問題として挙げています。)

 

 

LDLコレステロールは、

動脈硬化の原因となると考えられているので、

「下げましょう」となっているのですが、

そもそも、動脈硬化の原因となるのは、

酸化や糖化を受けた異常なLDLコレステロールです。

(実は、このこともよく知られています。)

酸化と糖化が脂質異常症に与える影響とその対策!

 

 

ということはですよ、望ましいのは、

カラダに必要ではない、異常なLDLコレステロールだけを下げることです!

 

ですが、

現在の薬物療法では、それができない!

 

 

コレステロール低下薬は、

正常・異常にかかわらずコレステロールを低下させてしまいます。

 

これが、

現在のコレステロール低下医療の本質的な問題です。

 

このことは、

コレステロールに限ったことではありません。

 

たとえば、抗生剤

抗生剤がやっつけているのは、

悪い菌だけではありません!

普段から僕たちと共存している細菌(常在菌といいます)も、

一緒になってやっつけてしまいます。

 

抗がん剤だと、よりイメージしやすいのではないでしょうか。

抗がん剤の副作用は、

正常な細胞まで殺してしまうから起こる

という認識は多くの方がもたれていると思います。

 

コレステロールの話と全く同じですよね!

 

 

3.解明できない謎!?

 

コレステロール低下薬は、

動脈硬化の原因となる異常なLDLも、

カラダに必要なコレステロールを届ける正常なLDLも、

なんでもかんでも下げてしまうから問題だということをお伝えしました。

 

 

ここでもう一つ

HDLコレステロールについてみていきたいと思います。

コレステロールを理解する!HDLコレステロールとは?

 

繰り返しになりますが、

コレステロールに良いも悪いもありません。

 

 

LDLという輸送体に入っているコレステロールも

HDLという輸送体に入っているコレステロールも

コレステロール自体は同じです。

 

 

ということは、

コレステロールを下げる薬を使うと、

理論的には、HDLコレステロールも下がるはずです・・・

 

ですが、

ここに大きな疑問が残されています。

 

 

実は、コレステロール低下薬を使うと

LDLコレステロールは下がるのですが、

HDLコレステロールは上がる!

ことが報告されています。

(コレステロール低下薬の中には、LDL、HDLどちらも下げるものもあります。)

 

 

そして、現在の医療では、

LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げることが良し!

とされているため、

「LDLコレステロールは下げて、HDLコレステロールは上げてくれる」コレステロール低下薬は、

まさに理想の薬という扱いをされています。

 

 

ですが、

なぜHDLコレステロールが上昇するのが、

まったくもって謎なんです!

(「HDLコレステロールは、上げたほうがいいんでしょ!HDLコレステロールが上がってるからいいじゃん、細かいことは!!」みたいな感じ・・・)

 

 

コレステロールの全体量を50%も減らすのに、

かたや(HDLコレステロール)増えて、

かたや(LDLコレステロール)減る

という現象が起こっているんです。

 

まさに怪奇現象です!

 

そしてここには、

隠された問題が潜んでいるのではないかと考えています!!

 

 

(1)真実から立てた仮説!

 

HDLコレステロールが増える理由については、

未だ明らかにされていません!

 

何がHDLコレステロールを増やすのか、

今分かっていることは、

運動がHDLコレステロールを増やすということです。

(薬やお酒でも増えることがありますが、やはりなぜかはわかっていません。)

 

余談ですが、

HDLコレステロールを増やす薬を開発中という話もあるのですが、

HDLコレステロールが増える原因が分かっていないので、

まだうまくいっていないそうです。

 

 

そこで、

今まで調べてきた真実の中から

HDLコレステロールが増える理由と

コレステロール低下医療の問題点について、

個人的な考えをお伝えします!

 

ここからは、ファンタジーの話です(笑)

(注:これはあくまで仮説です!!)

 

 

・コレステロールに関する真実

 

コレステロールに関する真実はいくつかあるのですが、

とりあえず次の3つをあげます。

 

  • コレステロールに良いも悪いもない
  • コレステロールはカラダには無くてはならない存在
  • LDLは全身にコレステロールを運び、HDLは全身からコレステロールを回収する

 

この3つは、真実であるにもかかわらず、

治療という言葉が入ってくると、どれかが欠けてしまいます!

 

 

・カラダの働きのおさらい

 

3つの真実から

カラダで起こっていることのおさらいです。

 

 

  • コレステロールに良いも悪いもないということから・・・

コレステロールに良いも悪いもないということは、

理屈の上では、

「コレステロールを減らすと、LDLコレステロールだろうがHDLコレステロールだろうが減る!」

という結果になります。

 

 

  • コレステロールがカラダに必要ということから・・・

カラダにとって必要なコレステロールが少なくなると、

コレステロールを作ろうという働きが起こります。

これによって、

カラダは、コレステロールのバランスをとっています。

 

食事由来のコレステロールが、血液中のコレステロール値にあまり影響を与えないのはこのためです。

新陳代謝!?コレステロールはカラダの中でつくられる!

 

 

  • LDLとHDLの働きから・・・

つくられたコレステロールは、

LDLという輸送体でカラダ中に運ばれて、

余ったコレステロールが、

HDLという輸送体で回収されます。

 

このような働きがカラダの中で行われています。

 

 

・薬による影響

 

ではここで、

コレステロールをつくれなくする薬(スタチン系薬剤)の影響について考えてみます。

 

薬をのむことによって、

コレステロールが下がります!

 

コレステロールが下がると

カラダに必要なコレステロールを作ろうとするのですが、

薬の影響でつくれません!

 

それでもカラダは、

コレステロールが必要です!

 

 

コレステロールが必要だけれど、つくることができない!!

 

 

となると、どうしますか?

 

 

仮説ですが、

たくさんあるところから、

持ってくる(借りてくる)ことになるのではないでしょうか。

 

 

全身に届けられたコレステロールを回収してきて再利用する!

 

つまり、

 

全身からコレステロールを回収するためにHDLが増える!

 

 

カラダの中では、

このような働きが起こっているのではないでしょうか。

 

 

コレステロール低下薬によるHDLコレステロールの上昇は、

コレステロールの再利用促進によってもたらされている!

 

これが、3つの真実と生理現象から立てた仮説になります。

 

 

少し前に、似たようなことでノーベル賞をとられていたので、

ノーベル賞の可能性を秘めて、誰よりも早くこの仮説を公開します(笑)

 

 

これは、

コレステロールのオートファジーです!!

「コレステロール飢餓がもたらすコレステロールの自食作用」

 

 

ちなみに、このオートファジーだと、

スタチン系によるプラークの現象の説明も可能となります。

 

プラークの成分の一つはコレステロールです。

 

コレステロールがたくさんあるところからコレステロールを回収する

ということなので、

コレステロールが多く含まれているプラークからコレステロールを回収する

そのために、プラークが小さくなるということになります。

 

そしてこれは、最初にお伝えしたように、

プラークができてしまっている方に対しては、

コレステロール低下薬が効果を発揮することも意味しています。

(注:仮説です!)

 

 

・ファンタジー(オートファジー)から考えられるコレステロール低下医療の問題点

 

HDLコレステロールで

カラダからコレステロールを回収してきて再利用する。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

 

別の見方をしてみます。

 

LDLは、

つくられたコレステロールを全身に運ぶ役割でした。

 

つまり、

新品のコレステロールを届ける役割です。

 

 

HDLは、

カラダからコレステロールを回収する役割でした。

 

つまり、

古いコレステロールを集めてくる役割です。

 

 

コレステロール飢餓の状態は、

中古のコレステロールでカラダの機能を維持しよう!

ということになるのではないでしょうか。

 

 

最近では、「エコ」という言葉があるように、

コレステロールの「リサイクル」といえば聞こえは良いのですが、

古い脂で60兆個もの細胞の新陳代謝を行っていると想像してみるとどうですか?

 

どんどんサビついていくように思えませんか?

 

 

そしてこれが、

コレステロール低下医療の隠された問題点だと考えています!

 

 

健康なカラダを維持するためには、

良質で新しい材料を使う必要があります。

 

 

コレステロールのオートファジーは、

プラークがあるなど一部の方には、必要な状態かもしれませんが、

長期間にわたって続いていると問題が生じてくるのではないかと考えています。

 

余談になりますが、

これはファスティング糖質制限などともつながっていると考えています。

 

ファスティングや糖質制限は、

「食事法」という考え方ではなく、

あくまで「デトックス」の方法だと考えています。

(糖質制限は、食事法として考えてもいいのかもしれませんが・・・)

 

つまり、

溜め込んでしまった毒素をリセットするための方法であって、

長期間、継続的に行う方法ではないということです。

 

普段の食事に気をつけて、

時々、デトックスを取り入れる。

 

これが健康を維持するために、

重要なのではないでしょうか。

 

 

さいごに

 

コレステロール低下薬は、

LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げるから良い!!

 

 

果たして、本当にそうでしょうか?

 

 

自分のカラダを守ることができるのは、

自分しかいません!

 

現在の常識を少し疑ってみるのも良いかもしれませんね!

 

 

LDLコレステロールが上がる本当の原因やその対処法が知りたい方は

こちらもおススメです!

なぜLDLコレステロールが高くなるのか、その本当の原因!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です