なぜLDLコレステロールが高くなるのか、その本当の原因!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

コレステロール

テレビでもよく放送されていて、

知らない人はほとんどいないのではないでしょうか?

 

 

動脈硬化の原因となるといわれていて、

悪者として認識されている方も多いと思います。

 

 

ただ、コレステロールは本来、

ヒトが健康に生きていくためには無くてはならない存在です!!

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

「カラダにとって必要なら、多くても問題ないじゃん!」

 

と思われるかもしれませんが、

実は多すぎることも問題となります(汗)

生活習慣病は繋がっている!糖尿病と脂質異常症の関係

 

 

LDLコレステロールの数値が、どこまでになると多すぎるのか?

 

これに関しては様々な議論があり、

よくわからない(汗)のが現状ですが、

今まで正常だった数値が異常値になったり、

右肩上がりで数値が上昇している場合には、

何かしら原因があると考えられます!

 

 

そのため、

どこに原因があるのか見つめ直し、

早めに対応していくことが重要となってきます!

 

 

そこで今回は、LDLコレステロールが高くなる原因についてお伝えしたいと思います!!

 

 

1.LDLコレステロールが高くなる本当の原因!!

 

LDLコレステロールが高くなる原因は、

色々考えられています。

 

その一つとして、

遺伝的なものが挙げられています。

家族性高コレステロール血症とは?原因とタイプを知ろう

 

 

その他にも、

薬の服用によって副次的にLDLコレステロールが高くなってしまうことがあります。

脂質異常症のタイプを知って、隠れた疾患に注意する!

 

 

今回は、それらについては置いておきますね。

 

 

高LDLコレステロール血症は、

生活習慣病の一つです。

 

生活習慣病は、その名前の通り、

日々の生活習慣の積み重ねによって発症します。

 

 

それでは一体どんな生活習慣がLDLコレステロールを高くしてしまうのでしょう?

 

 

コレステロールが高いと言われたときに、

一番気になるのが、食事ではないでしょうか?

 

 

以前は、

コレステロールが多く含まれている卵類は控えましょう!

 

ということがよく言われていましたが、

 

今では、

コレステロールを多く含む食事を食べても、血液中のコレステロールに影響を与えない!?

と言われています。

(正確には、影響が小さい)

 

 

というのは、

コレステロールはその多くがカラダの中で作られており、

食事でコレステロールを多く取った場合は、

カラダの中でつくられるコレステロールの量を減らすというようにバランスを取っているからです。

新陳代謝!?コレステロールはカラダの中でつくられる!

 

 

実は、LDLコレステロールが高いとき、

本当に気をつけなければいけないのは、

糖質が多い食事です!

 

 

糖質が多い食事は、

僕たちのカラダに大きな負担をかけます。

 

カラダがサビる「酸化」

カラダが焦げる「糖化」

に大きく関わっているのも、この糖質が多い食事です!!

 

 

(1)酸化や糖化がコレステロールに与える影響

 

酸化や糖化というのは、

ヒトの老化に大きく関わっていて、

正常なモノを異常なモノに変えてしまう!

というカラダの中で恐ろしい悪さをしています。

老化を哲学する!?老化の原因である酸化とは?

カラダが焦げる!?糖化反応とは?

 

 

LDLコレステロールも

酸化や糖化によって異物に変えられてしまいます!!

 

そしてこの酸化(糖化)LDLコレステロール

動脈硬化の真の原因となります!

動脈硬化が起こる仕組み、その原因を知ろう!

 

 

異物となったLDLコレステロールは、

うまく働くことができません。

 

 

そのため、カラダは、

「必要なコレステロールが少ない!」

という勘違いをしてしまいコレステロールを作る量を増やします。

 

これがLDLコレステロールが高くなる原因の一つです!

 

図を用意してみたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

同じように、

酸化や糖化は、

LDLコレステロールだけではなく、

受け皿である受容体にも悪さをします!

 

受容体が異常となった場合、

LDLコレステロールをうまく受け取ることができません。

 

 

そうなると、やっぱり

「必要なコレステロールが少ない!」

という勘違いをしてしまって、コレステロールを作る量を増やします。

 

 

 

 

 

ここでぜひ知っておいて欲しいのは、

繰り返しになりますが、

コレステロールは悪者ではないということです!!

 

そもそも、

コレステロールはカラダの中で重要な役割を果たします。

無くてはならない存在なんです!!

 

 

だからこそカラダは、

「足りない!」

という判断をして、コレステロールを作ろうとするんです!

 

 

(2)酸化や糖化が炎症反応を起こす!

 

カラダの中で異常なモノ(異物)が生まれるとどうなるのか?

 

カラダの中に異物が入ってくると

それを排除しようと働きがおこります。

 

これがいわゆる「免疫」と呼ばれる反応です。

 

 

蚊に刺された時、

赤く腫れますよね!

 

打撲をした時、

腫れて痛みますよね!

 

激しい運動をした時、

筋肉痛になったりしますよね!

 

 

ざっくりと大きなくくりでいえば、

これらはすべて炎症です!

 

 

そして、この炎症には、

免疫反応が関わっています!

 

 

酸化や糖化が進むということは、

カラダ中で小さな炎症反応が起こっているということです!

 

 

カラダには、自ら炎症を抑える機能が備わっています。

この炎症を抑えるために働くのが、

副腎皮質ホルモンと呼ばれるものです。

 

 

何やら難しい名前ですが、

薬の方が馴染みが深いかもしれません。

 

いわゆる、

ステロイド剤と呼ばれるものです。

 

 

副腎皮質ホルモンは、

そもそもカラダの中で作られます。

 

炎症を抑えたり、

ストレスからカラダを守るのが、

副腎皮質ホルモンの重要な役割です!

 

 

実は、

この副腎皮質ホルモンの原料となっているのが、

コレステロールです!

 

 

ということはですよ、

副腎皮質ホルモンがたくさん必要になる状態

つまり、

炎症がたくさん起こっていたり、

ストレスが強くかかっている状態だと、

コレステロールがたくさん必要になるということです。

 

もしかしたら、

LDLコレステロールが増えるということは、

カラダを一生懸命守ろうとしているのかもしれません!!

 

 

話を戻して、、、(汗)

 

酸化や糖化は、

LDLコレステロールやその受容体を

異物に変えてしまうだけでなく、

カラダに炎症や強いストレスを与えることでも

コレステロールを増やしてしまう原因となります。

 

余談ですが、

・関節リウマチ

・花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患

・腎炎、脳炎

・ベーチェット病

・・・

 

ステロイド剤は、

アレルギー性疾患だけでなく、

様々な病気に対して使用されます。

 

 

ステロイド剤は、

副作用も強く(多く)、使い方に注意が必要な薬ですが、

最強の抗炎症剤であることに間違いはありません。

 

炎症を抑えることにおいて、

ステロイド剤に優るものはありません!

 

ちょっと脱線しましたが、

様々な病気にステロイド剤が使われている。

 

これって、

裏を返すとどういうことでしょうか?

 

そうです!

ほとんどの病気は、炎症が原因で起こっている!

ということです。

 

カラダの酸化や糖化を防ぐことは、

様々な病気の改善につながるかもしれませんね!

 

 

2.ビタミンCをとろう!!

 

LDLコレステロールを下げるためにはどうすればいいのか?

 

よくテレビでは、

「EPA」や「DHA」をとろう!

とか言われていますよね。

 

ω3系の脂肪酸である「EPA」や「DHA」は

炎症を抑える働きがあり、

カラダの中で重要な役割を果たしてくれます。

(ここでもやっぱり炎症ですね!)

 

 

ということは、

EPAやDHAをとることは

LDLコレステロールだけでなく、

他にも色々な効果が期待できると思います。

(LDLコレステロールに関して言えば、DHAはLDLコレステロールを増やすのではないか、という報告もあります。また、EPAは脳に届かないけど、DHAは脳に届くなどそれぞれに特徴を持っています。)

 

 

EPAやDHAをとるためには、

魚を食べよう!

ということになるんですけど、

なかなか食べられないのが現実ではないでしょうか。

 

そうしたら、

サプリメントという選択肢がでてくることになると思いますが、

EPAやDHAのサプリメントって結構高いんですよね(汗)

 

 

そこでおススメなのがビタミンCです!

 

 

ビタミンCは、

野菜や果物に多く含まれています。

 

ビタミンCに関するサプリメントもたくさん出ていて、

お手軽な値段で購入することも可能です。

 

 

ただし、今、世の中に出回っているサプリメントは、

ハッキリ言って粗悪なものもたくさんあるので、

安いからとか量がたくさん入っているから

という理由で選択することは避けたほうが望ましいです。

 

 

なぜなら、

サプリメントも効果を期待して取り入れるものであって、

ただ飲むという行為を手に入れるものではないからです!

 

 

(1)抗酸化作用

 

ビタミンCは、

抗酸化作用を持っています!!

 

 

抗酸化作用とは、

読んで字のごとく、

酸化を防ぐ作用のことです!

 

 

酸化を防ぐとどうなるのか、

もうお分かりですよね!

 

 

同じように

抗酸化作用を持つビタミンに、

ビタミンEがあります。

 

実は、ビタミンEは、

コレステロールを下げる適応を持つ薬として

古くから使われてきています。

(ユベラNという薬です)

 

さらに、

抗酸化作用として、最近注目されているのに、

ファイトケミカル(フィトケミカル、食物栄養物質)と呼ばれるものがあります。

 

 

ファイトケミカルは、

生きた野菜や果物に含まれているもので、

ビタミンの何倍も強い抗酸化作用を持っていると言われています。

 

ポリフェノールという言葉は、よく耳にしますよね。

ポリフェノールもファイトケミカルの一つです。

 

 

(2)抗ストレス作用

 

ビタミンCは、

副腎皮質ホルモンを作るために必要なビタミンの一つです。

 

ストレスが多いとビタミンCが消費される!

ということを聞かれた方も多いのではないでしょうか。

 

これは、ストレスに対抗しようとして

副腎皮質ホルモンが多く作られるからです。

 

 

先程の話と合わせると、、、

 

ストレスで(副腎皮質ホルモンを作るために)ビタミンCが消費されると、

抗酸化作用に回すビタミンCがなくなってしまう(逆もしかり)!

 

という悪循環が生まれる可能性もあります。

 

 

常に十分なビタミンCがある状態を維持しておくことが重要ですね。

(ビタミンCは水溶性で過剰摂取による副作用の危険性はまずないのですが、維持しておくことが難しいという難点があります。)

 

 

(3)まだまだあるよ、ビタミンCの驚くべき効果!

 

ビタミンCには、

たくさんの効果があります。

  • 免疫を高める
  • 脂肪燃焼(カルニチンの合成)
  • コラーゲンの合成
  • 鉄の吸収促進

などなど

 

 

こうみると

ビタミンCには、

女性の強い味方!?

ということができそうですね。

 

 

ビタミンCとコレステロールの関係で言えば、

ビタミンCには、コレステロールの異化を促進するという働きもあります。

 

 

異化促進??

 

難しい言葉ですが、

排せつを促すということです。

 

 

コレステロールは、

胆汁酸としてうんちと一緒に排せつされます。

 

 

ビタミンCは、

この胆汁酸を作るためにも必要なビタミンです。

 

 

ビタミンCは、コレステロールを上手に使ったり、

排泄したりするのに、すごく重要な役割を担っていることがわかりますよね!

 

余談ですが、

コレステロールがうんちと一緒に排せつされるということは、

便秘だと、コレステロールの排せつが滞っているということかもしれません。

 

LDLコレステロールが高く、かつ、便秘が気になっている方は、

便秘を改善することでLDLコレステロールが下がる可能性があるかもしれないですね!

 

また、コレステロールを下げるためにとりたいものの中に、

食物繊維というのがあります。

 

よく知られている通り、

食物繊維は便秘を解消するために必要です。

その他にも、食物繊維には、

コレステロールの吸収を抑える働きがあるとも言われています。

 

 

 

まとめ

 

LDLコレステロールは、様々な原因によって高くなります。

中でも酸化や糖化は、大きく関わっています。

ビタミンCや他の抗酸化物質をとることで、酸化や糖化対策をとっていきましょう!

(ビタミンなどの栄養は、チームとしてはじめて十分な役割を果たします。実際は、単品でとるよりもマルチでとるほうが望ましいです。)

 

 

カラダにとって、

脂質は本当に重要です!

 

 

カラダの中でつくられる資質もありますが、

基本的には、カラダの構成成分である脂質も

普段食べるものが材料となります。

 

 

だからこそ、

普段使っている油を見直すことは、

健康を維持するために重要になってきます。

 

 

買い物は投票です!

 

あなたは、

飲める油を使っていますか?

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です