超悪玉!sdLDLコレステロールとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星




 

コレステロールは、

カラダの中で重要な役割を果たしてくれています。

僕たちが生きていく上では、

絶対に欠かすことのできない存在です!

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

水と馴染むことができないコレステロールは、

リポタンパク質という輸送体によってカラダ中をまわっています。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

この中で、

全身にコレステロールを届けるのが、

LDLと呼ばれるリポタンパク質で、

全身からコレステロールを回収してくるのが、

HDLと呼ばれるリポタンパク質です。

 

LDLは、悪玉

HDLは、善玉

と呼ばれたりします!

 

最近になって、

超悪玉といって

LDLよりももっと悪いヤツがいることが分かってきました!

 

今回は、その超悪玉コレステロールについてお伝えします。

 

 

1.超悪玉!sd(small dense) LDLコレステロールとは?

 

sdLDLコレステロール!?

あまり耳にしたことないですよね。

 

 

sdはsmall denseの略で、

sdLDLは小型化したLDLのことを指します。

 

 

LDLが小型化する??

 

そういわれても、よくわからないですよね。

 

まずはざっくりとしたイメージをお伝えしますね!

ハッキリいって正確じゃない(というか間違っている)んですけど、あくまでイメージだけ(汗)

 

 

よくテレビなんかに、

すご~く太った人が大変身!!

みたいなのってありますよね。

 

ビフォー・アフターで、

皮膚がダルダルになっちゃって・・・

 

そんな感じ!?

のイメージです。

 

「はっ、どういうことヽ(`Д´)ノプンプン」

 

つまり!?

 

パンパンのLDLが、ちっちゃくなっちゃった!!

 

みたいな感じです。

 

 

もう少し理解を深めるために(汗)

sdLDLができるまでを簡単に見ていきますので、

ちょっとお付き合いください。

 

 

◯sdLDLはどうやってつくられるの?

 

LDLは、

VLDLと呼ばれる中性脂肪を多く含んだリポ蛋白質から

中性脂肪を抜きとって作られます。

このとき、中性脂肪を抜き取るために働く酵素がLPLでした。

脂質異常症のキーポイント、LPLとは?

 

VLDL → LPL(LPLの働きでVLDLレムナントのIDLができる) → LDL

 

こんなイメージですね。

 

本題ですが、

sdLDLがつくられる仕組みはいくつかあるといわれていて、

まだハッキリとは分かっていません!

 

 

それでもとりあえずいってみよ~!!

 

 

数字を使ってイメージをしたほうが理解しやすいと思うので、

少し数字を使って見ていきますね!

 

これもあくまでイメージです(汗)

 

まず、

少し条件をつけますね。

 

条件1:

LPLが働くと、中性脂肪が半分になるとします。

 

条件2:

LDLが働くためには、中性脂肪が50以下になる必要があるとします。

 

 

ではいきますね。

 

(1)VLDL(構成比:中性脂肪100 + コレステロール50 = 全体150)だった場合

 

VLDL→LPL→LDL(中性脂肪50 + コレステロール50 = 全体100

 

LPLによって中性脂肪が半分に減って

50となりました。

 

これだったら、

条件2を満たすので、

LDLが働いてくれます。

 

それでは、次はどうですか?

 

 

(2)VLDL(構成比:中性脂肪150 + コレステロール50 = 全体200)だった場合

 

VLDL→LPL→LDL(中性脂肪75 + コレステロール50 = 全体125

 

もともと中性脂肪の量が多かった(150)場合、

LPLで中性脂肪を分解しても、まだ75残っています。

 

この状態だったら、

条件2を満たさないので、

LDLが働けません。

 

 

だから、もう一回中性脂肪が分解されます。

このとき、肝性リパーゼ(HTGL)と呼ばれる酵素が使われるんですが、

細かいことは置いといて、

 

LDL(中性脂肪75 + コレステロール50 = 全体125)→LPL(本当は、HTGL)→LDL(中性脂肪37.5 + コレステロール50 = 全体87.5

 

中性脂肪は37.5です。

これでやっと

中性脂肪が50以下となりました。

 

この状態だったら、

条件2を満たしますよね。

 

そうするとLDLとして働くことができます。

 

 

でもよく見てください!

 

コレステロールの大きさが

100 → 87.5

になってます。

 

小さくなってますよね!

 

 

これがsdLDLができる仕組みです。

(あくまでイメージです・・・)

 

その他にも、

カラダの中では、LDLとHDLで

中性脂肪とコレステロールを交換されています。

LDLのコレステロールをHDLにうつして、

HDLの中性脂肪をLDLにうつす!

という交換です。

 

コレステロールエステル転送タンパク(CETP)

と呼ばれるタンパクがこのやり取りに関わっています。

 

それはいいとして、このとき、

HDLに中性脂肪が多く含まれていたら、

LDLに中性脂肪を多く渡して、

その分、LDLから多くのコレステロールを抜き取ってしまいます!

 

それによって、

LDLが小型化するといわれています。

 

 

さっぱりわからん(汗)

 

 

もう本当によくわからないですよね。

 

いいんです、分かる必要ないんです。

(なら書かなくてもいいじゃん・・・(汗))

 

 

何がいいたいのか、

とりあえず、いつもみたいにいきますね。

 

ざっくりと、ざっくりと、・・・

 

 

中性脂肪が多いとLDLが小さくなる!!

 

 

まとめたら、たったの1文(泣)

 

結局、こういうことです!!

 

 

コレステロールが色々と取り沙汰されてますが、

個人的には、

影の支配者として中性脂肪が悪さをしている

のではないかと考えています。

脂質異常症を理解する!中性脂肪の基礎

 

 

2.sdLDLはなぜ超悪玉なのか?

 

つくられ方とかよりも、

こっちの方が気になりますよね!

 

sdLDLがなぜ悪いのか。

 

それでは、

sdLDLが、LDLよりも悪者になる理由を見ていきますね。

 

 

(1)動脈硬化の原因に

 

動脈硬化は

LDLが血管の壁をすり抜け、中に潜り込んでいくことによって起こる!

と考えられています。

 

 

では、

大きいサイズ小さいサイズ

どちらが壁をすり抜けやすいと思いますか?

 

 

そうですよね、

小さいほうが壁をすり抜けやすいですよね!

 

だから、

小さいサイズのsdLDLは、

大きい(普通の)サイズのLDLよりも

動脈硬化の原因となる!!

と考えられています。

 

 

(2)血液中に長くとどまってしまう

 

LDLはつくられたら、

細胞のLDL受容体という受け皿にくっついて細胞に取り込まれます。

 

 

でも、

sdLDLは・・・

 

少し思い出してください

sdLDLのイメージってどんなんでしたっけ??

 

 

そうですよね、

激やせしたイメージでした!

 

 

LDLが激変した!!

って感じになります。

 

 

そうすると、

受け皿(LDL受容体)が

「あんた、誰?」

みたいになって、なかなか受け止めてもらえません!!

 

 

受け止めてもらえなかったら、どうなるか?

 

 

血液中のsdLDLコレステロールが増えますよね。

 

重要だと思うので、少し解説を加えます!

コレステロールは、カラダの中でバランスをとっています。

コレステロールの量が増えたら、つくる量を減らして、

コレステロールの量が減ったら、つくる量を増やします。

このバランスの鍵を握っているものの一つがLDL受容体です。

 

コレステロールは、

LDL受容体に受け取ってもらうことによって量の調整が行われています。

 

ということはですよ・・・

受け皿に受け止めてもらえなかったら、

カラダはコレステロールが少ないと勘違いしてしまうんですね!

そうするとコレステロールを追加で作っちゃう、足りないと思って!

sdLDLは残っているのにです!!

 

これが

コレステロールが高くなってしまう原因

の一つです!!

 

 

他にも、

sdLDLは血管の壁をすり抜けやすかったですよね!

 

なが~く滞在しているっていうことは、その分、

血管の壁をすり抜ける割合も増えてしまう(動脈硬化の進行)!

ということになります。

 

 

1回よりも2回、2回よりも3回、・・・

何回も何回も同じ道を通っている方が、

顔が覚えられやすいですよね!

 

そんなイメージです(笑)!?

 

 

(3)酸化されやすい

 

酸化!?

 

中学校くらいのときにやったような・・・

 

酸化っていうと、

よく知られているのが、

鉄がサビる!

ということではないでしょうか。

 

 

サビる!?

これも難しい表現ですよね~~(汗)

 

 

また別の機会で詳しくお伝えしたいと思うんですが、

カラダもサビるんです!

 

 

「老化」

と同じだと思ってください!

 

 

sdLDLは、LDLよりも酸化されやすい!

といわれています。

 

 

サビついた(sdLDLを含めた)LDLは、

カラダ中に炎症を起こしたり、

動脈硬化の原因となる!!

といわれています。

 

 

このように、

sdLDLは、LDLよりもカラダの中で悪さをします。

だから、超悪玉と呼ばれているんですね!!

 

 

まとめ

 

sdLDLは中性脂肪が多いとつくられやすくなります。

sdLDLはLDLよりもカラダの中で悪さをします。

 

 

内容的にはコレステロールの話なんですが、

その根本では中性脂肪が悪さをしていると思いませんか?

 

中性脂肪が多いことによる他の弊害についてはこちらの記事も見てみてください。

超超悪玉!?レムナントリポ蛋白コレステロールとは?

 

 

少しずつ根本が分かっていくと

とるべき対策が変わってくると思います。

 

 

あなたは・・・

コレステロールが多く含まれた食事を避けますか?

 

それとも・・・

中性脂肪を高めるような食事を避けますか?

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です