超超悪玉!?レムナントリポ蛋白コレステロールとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

 

コレステロールって聞くと

あまりいいイメージを持たない人も多いのではないでしょうか。

 

悪玉コレステロール

善玉コレステロール

な~んて呼ばれ方をしますよね!

 

ですが、コレステロール自体に良い悪いはありません!

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

それどころか、

コレステロールはカラダにとって非常に重要な役割を果たしています!

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

それでも悪玉コレステロールって聞いたら、

やっぱりいいイメージを持てませんよね!

 

 

今回お伝えする内容で、

そんなコレステロールのイメージがもっと悪くなってしまうかもしれません。

 

 

今回は、悪玉コレステロールよりも気をつけたい、

超超悪玉コレステロールについてです。

 

 

1.レムナントリポ蛋白コレステロールとは?

 

レムナントリポ蛋白コレステロール??

 

「なんですかそれは??」

 

そうですよね、

聞いたことないですよね。

 

レムナント(remnant):

残物、残余、くず

「weblio」

 

英語でレムナントは、

「残り物」っていう意味だそうです。

 

じゃあ、

何の残り物なの?

っていうことですが、

次に続くキーワード

リポ蛋白(質)です。

 

 

リポ蛋白質とは、

カラダの中でコレステロールや中性脂肪を運ぶ輸送体のことでした。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

そうすると

レムナントリポ蛋白コレステロールとは、

リポ蛋白の残り物に含まれているコレステロール

ということになります。

 

う~ん、

わかったような、わからないような!?

 

 

そもそも

リポ蛋白質の残り物って何?

ってなりますよね。

 

 

それでは、

リポ蛋白質の残り物についてお伝えしていきます!

 

 

リポ蛋白質の中に、

中性脂肪をメインで運ぶ

カイロミクロンVLDL

と呼ばれるものがあります。

 

 

中性脂肪はリポ蛋白リパーゼ(LPL)と呼ばれる酵素によって分解されます。

LPLの働きについてはこちらも参考にしてみてください。

脂質異常症のキーポイント、LPLとは?

 

LPLは、脂質異常症を理解するために、すごく重要なキーワードです。

そして、今回の超超悪玉コレステロールにも、関わってきます!

 

 

話を戻して・・・

 

カイロミクロンやVLDLに含まれている中性脂肪はLPLによって分解されます。

 

LPLによってカイロミクロンやVLDLから中性脂肪が抜き取られる

というイメージですね!

 

 

カイロミクロンやVLDLから中性脂肪が抜き取られると、

サイズが小さくなり、もともと少しだけ含まれているコレステロールの割合が増えます。

 

このようにしてつくられた、カイロミクロンやVLDLよりも

サイズが小さくて、コレステロールの含有割合が高いリポ蛋白質のこと

リポ蛋白質の残り物

カイロミクロンレムナント

VLDLレムナント

といいます!

 

リポ蛋白質は構成成分と比重で種類が分けられますが、

こちらの記事で紹介した以外に、

中間比重リポ蛋白(IDL)と呼ばれるリポ蛋白も存在します。

このIDLは、VLDLレムナントに含まれます。

 

カイロミクロンとVLDLは、

どちらも中性脂肪を全身に運ぶ役割をもっていますが、

カイロミクロンは食事から(外因性)の中性脂肪を運ぶ

VLDLはカラダの中で作られた(内因性)中性脂肪を運ぶ

という違いがあります。

カイロミクロンレムナントとVLDLレムナントにも

同じ違いがあります。

 

 

 

カイロミクロンレムナントとVLDLレムナントは

全身に中性脂肪を届けたあとの残り物

というような理解だと分かりやすいかもしれませんね!

 

 

2.レムナントの行方

 

中性脂肪を運ぶリポ蛋白質が、

LPLによって中性脂肪を抜き取られて、

レムナントになります。

 

では、できたレムナントはどこにいくのでしょうか?

 

①カイロミクロンレムナント

 

カイロミクロンレムナントは、

出来上がったらすぐに

肝臓のレムナント受容体と呼ばれる受け皿に取り込まれて分解されます。

 

 

②VLDLレムナント

 

VLDLレムナントは、

出来上がったらすぐに

肝臓にあるレムナント受容体LDL受容体に取り込まれます。

 

 

VLDLレムナントの一つであるIDLは、

肝性トリグリセリドリパーゼ(HTGL)によって、

さらに中性脂肪が分解されてLDLとなります。

 

これはLPLの働きのところでも少しお伝えしましたが、

VLDLがLPLやHTGLの働きを受けてLDLが作られます!

 

 

何やらアルファベットばっかりでてきて(しかも似てるし)、

もうチンプンカンプンですよね(汗)

 

こういうときには、

ざっくりと理解するに限りますね!

 

 

いきますよ~~!

 

 

レムナントは・・・

できたらすぐなくなる!!

です。

 

 

今まで、色々な言葉が次から次へと出てきたし、

なんかもう、わけわからなくなってきていると思うので、

ここでようやくレムナントがなくなって(一つ減って)ホッとしました(汗)

 

 

と、こんな感じで

レムナントリポ蛋白質は、

つくられてなくなります(汗)

 

 

3.なぜ超超悪玉なのか?

 

すっごく難しかったですよね(汗)

 

ここまでのところをざっくりと

正確じゃないかもしれないけど、

本当にざっくりと振り返りますね。

 

 

中性脂肪が全身に運ばれるたあとの残りカスは、すぐになくなる!!

 

 

難しいんですが、

結局、この1文(汗)

 

 

ところで、

何が悪いの?

 

っていうことになりますよね。

 

すぐになくなっちゃうんなら良いじゃん!

 

まったくその通りです!

 

 

肝臓くんがしっかり働いてくれて、

レムナントをすぐになくしてくれていたら何の問題もありません!

 

と、その前に、

レムナントがなぜ超超悪玉と呼ばれるかお伝えしますね。

 

 

動脈硬化ってよく聞きますよね!

 

その名の通り、

血管が硬く(ボロボロに)なってしまうことです。

 

動脈硬化によって血管がボロボロになると、

様々な病気を引き起こします。

 

動脈硬化って、

僕たちの健康に深く関わっているんですね!

動脈硬化は万病の元!脂質異常症との関係は?

 

色々と調べていって感じたことなんですが、

病気という川を上流へ登っていくと、血管や血液に行き着く!

のではないかと思っています。

すべての病気です!

それこそ、ガンを含めて!!

 

 

とすぐ話がそれちゃいますね、

すいません(汗)

 

話を戻して、

なぜレムナントが超超悪玉なのか?

 

 

動脈硬化が起こる原因の一つにコレステロールが蓄積することがあげられています。

だから、

コレステロールを全身に運ぶLDLは悪者だ!!

という具合です(汗)

 

ですが、

このレムナントリポ蛋白質は、

LDLよりも簡単にコレステロールを蓄積させちゃいます!

 

 

つまり、

悪玉と呼ばれているLDLよりも動脈硬化の原因となる!

これが、

超超悪玉となる理由です。

 

ちなみに、

「超超悪玉っていうくらいだから、超悪玉もあるんでしょ!?」

と思われた方、鋭いですね!

 

正解です!!

 

 

超悪玉と呼ばれるものもあります。

こっちのほうがメジャーです!

これは別の機会でご紹介したいと思います。

 

 

超悪玉超超悪玉

こうやって書いてしまうと

超超悪玉の方が悪い!?

というイメージをもっちゃいますよね。

 

 

超サイヤ人2と3では、3のほうが強い!

みたいな感じで・・・(汗)

 

 

これらの悪さ加減については、

どちらのほうが悪いというのはない(わかっていない)!

ように思います。

 

というのも、

「超超悪玉」という表現は一般的に使われてなくて(調べた限り、1つのサイトだけ)、

超悪玉と区別するために、便宜上、用いられているからです。

超悪玉コレステロールと呼ばれているものはあります。

 

少なくとも

超サイヤ人の2と3のような大きな差はないと思います(笑)

 

 

また話がそれましたが、簡単にまとめると

レムナントリポ蛋白質に含まれているコレステロールである

レムナントリポ蛋白コレステロールは、

LDLコレステロールよりも動脈硬化の原因となる!

 

だから、

超超悪玉となります!

 

 

4.肝臓に負担をかけていませんか?

 

レムナントは、つくられてもすぐに肝臓で分解されます。

 

その流れがしっかりしていれば、

何も問題はありません!

 

肝臓くんは、

「沈黙の臓器」

と呼ばれるほど、

黙ってもくもくと働いてくれます!

 

我慢強くて、良いヤツなんです!

 

 

だからって、

無理をしすぎると悲鳴を上げてしまいます。

 

沈黙の臓器である肝臓くんが悲鳴を上げたときって・・・

 

そうです!

よっぽどということです!!

 

 

肝臓くんの機能が落ちていたら・・・

レムナントをすぐに分解できないですよね!

 

 

同じように、

レムナントがたくさんあったら・・・

肝臓くんの処理能力が追いつかなくなっちゃいますよね!

 

 

こんな感じで、

知らず知らずのうちにレムナントによる影響を受けていきます。

 

 

レムナントの影響を受けないためには、どうすればいいのか?

 

色んな方法があると思いますけど・・・

肝臓くんを休めてあげることが大切だってことがわかりますよね!

 

 

たとえば、

お酒って肝臓に負担をかけるっていいますよね!

 

飲み過ぎは、肝臓に無理をさせてしまうことになります。

 

 

デトックス

っていう言葉を聞いたりしますよね。

 

デトックスって

色々な方法があるんですけど、

本質的には、

肝臓の機能を高める!

ことなんじゃないかなって思っています。

 

定期的にデトックスすることもいいと思います。

 

 

もっと手軽に、たとえば、

レムナントを減らす薬はないの?

って、思われるかもしれません。

 

脂質異常症のガイドラインには、

VLDLやレムナントの低下作用を示すのはフィブラート系薬剤とニコチン酸誘導体である。

「脂質異常症治療ガイド 2013年版」

とあります。

 

ですが、

知っておいてください!

 

薬は、強力に、しかも早く、数値を下げてくれます。

それも、飲むだけだからお手軽です。

 

そういう意味では、僕たちの強い味方です!

 

 

ただし、その裏では

薬をカラダからなくそうとして、

肝臓に負担がかかっています!

 

肝臓を助けてあげているつもりが、

逆に負担をかけちゃっていますよね。

 

 

薬に頼る前に、

まずは見直せるところから見直していく

ことを強くおススメします!

 

 

まとめ

 

リポ蛋白質から中性脂肪が抜き取られると、レムナントリポ蛋白質ができます。

レムナントリポ蛋白質は、肝臓で速やかに分解されます。

分解を受けなかったレムナントリポ蛋白質は動脈硬化の原因となります。

 

 

非常に難しい内容だったと思います。

今後もポイントだけかいつまんでいただければ、

脂質異常症が理解できるように努めていきたいと思っています。

 

ぜひ、一緒に勉強していきましょう!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です