コレステロールを理解する!HDLコレステロールとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星




 

HDLコレステロール

聞いたことがある方も多いと思います。

 

一般的には、

善玉コレステロール

と呼ばれています。

 

 

悪玉コレステロールは高いといけない!

でも、

善玉コレステロールは低いといけない!!

 

な~~んか、よくわからないですよね。

 

今回は、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールについてお伝えします。

 

 

1.なんで善玉?HDLコレステロールとは?

 

善玉コレステロール

悪玉コレステロール

 

よく耳にしますよね。

 

でも、

コレステロールに善玉も悪玉もありません!

 

HDLコレステロール

LDLコレステロール

 

これもよく聞くと思います。

 

HDLコレステロール

そう呼ばれると

HDLと呼ばれるコレステロールがあるように思っちゃいます。

 

でも、

コレステロールにHDLもLDLもありません!

 

HDLやLDLというのは、

脂質を運ぶ輸送体のことです。

 

この輸送体はリポタンパク質っていうんですけど、

リポタンパク質については、こちらを読んでみてください。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

それでは本題に入っていきますね。

 

コレステロールは、

細胞が正常につくられるために重要であったり、

様々なホルモンの原料として使われるため、

ヒトにとってはなくてはならない存在です!

 

コレステロールの役割については、こちらも読んでみてください。

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

新陳代謝という言葉があるように、

細胞はどんどん生まれ変わっていきます。

 

古い細胞が死んで、新しい細胞ができる。

このサイクルがちゃんと行われることで、

僕たちの健康が保たれています。

 

 

細胞のつくり替えをスムーズに行うためには、

何が必要でしょうか?

 

細胞をつくるのは、

料理をつくるのと似ていると思います。

 

「カレー」

 

大好きです!!

それは、いいとして(汗)

 

カレーをつくるために、何を準備しますか?

 

・カレールー

・お肉

・じゃがいも

・ニンジン

・玉ねぎ

などなどなどなど

 

おいしいカレーをつくるために、

色々な食材を準備しますよね!

 

これって、細胞も同じなんです。

 

なんか脱線している気がしますが・・・

 

 

新しい細胞をつくるためには、

材料がそろっていなくてはいけません!

(これ、当たり前なんですが、すっごく重要です!)

 

 

細胞をつくるための材料の一つがコレステロールです!

 

全身の細胞を生まれ変わらせるために、

コレステロールが届けられます。

 

全身にコレステロールを届けるのが、

LDLと呼ばれるリポタンパク質です。

 

LDLについて、詳しくはこちらをクリックしてみてください!

 

 

コレステロールは運ばれっぱなしなのか、

というと、そうではありません。

 

全身に運ばれて、

使われたり、余ったりしたコレステロールが、

ずっと残っていると邪魔ですよね!

 

邪魔になった!?コレステロールは、回収される必要があります。

 

この回収する役割をもっているのが、

HDLと呼ばれるリポタンパク質です。

 

 

血管にコレステロールが沈着することが動脈硬化の原因!

と考えられているので、

コレステロールを回収してきてくれるHDLは良いやつだね!!

ってなったんですね。

 

これが、HDLが

善玉

って呼ばれる所以です!

 

 

2.HDLはなぜ注目されているのか?

 

健康診断などで血液検査を行ったとき、

HDLについても確認されます。

 

以前、コレステロールの検査といえば、

総コレステロールといって、

コレステロールが高いことがいけないですよ!!

っていう、ざっくりとした指標でした。

 

それが変わってきて、

LDLコレステロール(悪玉)

HDLコレステロール(善玉)

という感じで、コレステロールの中身(輸送体)が注目されだしました。

(悪玉と善玉、馴染み深いんで呼ばせてもらいますが、コレステロールに善悪はないですよ~~!

 

 

みなさんは悪玉と呼ばれているLDLばかり気にしていませんか?

 

 

LDLに関して衝撃的な報告があります。

 

スタチンという薬を使ってLDL値を下げても約70%の患者さんが、心筋梗塞を発症した

「『コレステロール』最新情報」

 

「えっ!!今まで、何だったの??」

って話になっちゃいますよね!

 

しかもこれは、

コレステロール悪説を唱えている動脈硬化学会の重鎮の先生の発言なので、

コレステロール論争の決着がついちゃったのかな~!?

彷徨うコレステロール論争!

 

これは、

薬を使ってコレステロールを下げても、意味がないよ!

というようにもとれるので、もしかしたら、

コレステロール自体の論争とは少し変わってくるのかもしれません。

 

 

LDLが低くコントロールされているにも関わらず、

動脈硬化性疾患の発生が頻発したときに、

HDLも低くなっていることがわかったんですね。

 

つまり、

HDLが低いことも動脈硬化性疾患の原因のひとつ!!

と考えられたんですね。

 

 

今では、

LDLとHDLの比をみるLH比と呼ばれる指標にも注目が集まっています。

診断基準については、こちらも参考にしてみてください。

脂質異常症とは?その診断基準

 

 

3.HDLの基準値

 

HDLの基準値

HDL:40 ~ 119 mg/dL

「日本人間ドック学会」

 

日本動脈硬化学会のガイドラインでは、

40mg/dL未満だと、低コレステロール血症(脂質異常症)

と診断されます。

 

今までLDLばかり気にしていた方は、

HDLにも注目してくださいね!

 

 

LDLコレステロールは高いといけない!

HDLコレステロールは低いといけない!!

 

本当に、ややこしいですね(汗)

 

 

まとめ

 

今回は、HDLについてでした。

HDLは、全身からコレステロールを回収する役割があります。

HDLが低いと動脈硬化性疾患の発生につながると考えられています。

HDLコレステロールが、40mg/dL未満だと低HDLコレステロール血症と診断されます。

 

脂質異常症の治療の基本は、

生活習慣の改善です。

 

生活習慣の改善は、薬と違って

効果が出るまでに時間がかかるかもしれません。

 

ですが、本当の健康を手にするためには、必要不可欠です!!

 

少しずつ

将来をデザインしていきましょう!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です