脂質異常症のキーポイント、LPLとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星




 

LDLコレステロール、HDLコレステロール

よく聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

悪玉コレステロールや善玉コレステロールと呼ばれたりして、

ちょっとした有名人です!?

 

本当はコレステロールに善悪はないんですけどね。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

それは置いといて

 

LPL

というのは、聞いたことありますか?

 

おそらく、聞いたことある方は、ほとんどないと思います(汗)

ちなみに僕も、すっかり忘れてました・・・

 

リポ蛋白リパーゼ(lipoprotein lipase)のことなんですけど、

中性脂肪の分解に関わっていたり、

LDLの形成に関わっていて、

脂質異常症を理解するためにはすごく重要です!

 

 

さらにいえば、

糖尿病と脂質異常症の関係

を語る上でも、とっても重要なキーワードです!!

 

前置きが長くなりましたが、

今回は、LPLについてお伝えします。

 

 

1.LPLの役割を知ろう!

 

LPLは、リポ蛋白リパーゼのことです。

 

~~ァーゼ

みたいな名前をつけられている場合、

その多くが「酵素」になります。

 

 

リポ蛋白リパーゼも酵素のひとつで、

名前の通り、リポタンパク質を分解する酵素です!

 

 

 

という方は、ぜひこちらを読んでみて下さい。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

中性脂肪やコレステロールは、

リポタンパク質という輸送体によって全身に運ばれます。

 

 

リポタンパク質は、

その構成成分の違いによって種類が分けられているんですが、

その中で、中性脂肪がたくさん含まれているのは、

カイロミクロン(キロミクロン)VLDLです。

 

トリグリセリドリッチリポ蛋白

って呼ばれたりします!

 

 

中性脂肪は、

カイロミクロンやVLDLによって全身に運ばれて、

細胞のエネルギーとして利用されたり、

余った分はエネルギーの予備タンクとして貯蔵されます。

 

 

中性脂肪の役割について、こちらも参考にしてください。

脂質異常症を理解する!中性脂肪の基礎

 

 

全身に運ばれた中性脂肪は、

そのままの形で細胞に取り込まれるわけではなく、

いったん分解されます。

 

この分解に使われるのが、

LPLです。

 

 

LPLは、

中性脂肪を細胞に取りこめる形に分解する

という役割があります。

 

 

リポタンパク質から中性脂肪を抜き取る

というようなイメージですね。

 

 

ざっくりまとめますね。

 

LPLが働くと・・・

 

血液の中性脂肪は下がる!

 

ということになり、

 

細胞の中性脂肪は増える!

 

ということになります。

 

 

もっとざっくり、

誤解を恐れずいきますよ~~(汗)

 

LPLが働くと

 

ということです。

 

かなり語弊がありますが、

イメージで理解するには、いいんじゃ~ないでしょうか!?

 

 

中性脂肪は、

細胞のエネルギー源となること、

エネルギーの予備タンクとなること、

を考えると、

 

LPLは、

脂肪をエネルギーとして利用するために重要!!

ということができますね。

 

 

2.LPLはLDLの形成にも関与する!

 

LPLやら

LDLやら

 

 

 

そうなんです(汗)

 

脂質について調べると

アルファベットがたくさん出てきて、

しかもよく似ている。

 

何が何だか、

こんがらがっちゃいます(汗)

 

ここでいったん整理しますね!

LPLは、リポタンパク質から中性脂肪を引き抜く

LDLは、コレステロールの輸送体

です。

 

 

リポタンパク質は、その構成によって種類が異なるんでした。

リポタンパク質について、理解を深めたい方は・・・

ここをクリック!!

 

 

・カイロミクロンとVLDLは、中性脂肪が多い

・LDLは、コレステロールが多い

・LPLは、中性脂肪を抜き取る

 

これらの役割をつなげていくとどうなるか・・・?

 

そう、パズルのように・・・

 

 

すると、一本の線が見えてきませんか?

 

 

中性脂肪がたくさん含まれているカイロミクロンやVLDLから・・・・・

中性脂肪が抜き取られると・・・・

コレステロールが残って・・・

 

 

そうです、

この流れでLDLが生成されます。

 

カイロミクロンとVLDLの違い

カイロミクロンが食事から(外因性)の中性脂肪の輸送

VLDLがカラダで作られた(内因性)中性脂肪の輸送

 

 

 

ですから、もう少し正確にいえば、

VLDLから中性脂肪が抜かれてLDLになる!

という感じ(かなりざっくりですけど(汗))です。

 

 

これもざっくりイメージでいきますよ~~!

 

VLDL(中性脂肪+コレステロール) + LPL(中性脂肪を抜き取る) → LDL(コレステロール)

 

という感じです!

 

あくまでイメージですよ、イメージ!!

(だいぶハショッてますけど・・・)

 

 

LPLがLDLの生成に関与している!!

ということを理解していただけたら幸いです。

 

 

3.LPLはインスリンの影響を受ける!

 

これまでLPLの役割についてみてきました。

 

難しいですよね~!

 

 

 

そうですよね(汗)

 

 

ただ、脂質異常症を理解するためには、

少しずつパズルを紐解いていく必要があります。

 

 

もう少しLPLについて深掘りしますね。

 

次は、LPLの働きに影響を与えるものについてです。

 

少しだけ・・・

ヒトのカラダは、

本当によくできています。

 

たとえば、

A ⇔ B

という状況の時、

Aが減ると、Bからの供給が増える

Bが減ると、Aからの供給が増える

というように、AとBは、

お互いに調整を掛け合ってバランスをとっています!

 

 

LPLについても同じで、

血液中の中性脂肪が増えれば、中性脂肪を減らそうとLPLが頑張る!

血液中の中性脂肪が減れば、LPLは休む!

というように、常に一定になるように調整がかけられています。

 

 

ただし、

過剰にバランスが崩れたとき

長期間バランスが崩れるような状態が続いたとき

には、もともとのバランスが保てなくなってしまいます。

 

 

LPLのバランスに影響を与えるものの一つに「インスリン」があります。

 

 

これから少し、

インスリンとLPLの関係

についてみていきたいと思います。

 

この関係を知ると、

色々なことが見えてきます!!

 

 

①インスリンはLPLの働きを亢進する!

 

「インスリン」

どこかで聞いたことがある方もみえるのではないでしょうか?

 

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込むためのホルモンです。

血糖値を下げるためのホルモンですね!

インスリンの役割が知りたい方はこちら

糖尿病の基礎知識、インスリンってどんな働きをするの?

 

インスリンは、

糖尿病とふか~~い関係があります。

 

 

そしてこのインスリンは、

今回お伝えしているLPLにも影響を及ぼすんです!!

 

 

結論から先にいいますね。

 

LPLはインスリンによって働きが強くなります!

 

 

LPLの働きってなんでしたっけ?

 

中性脂肪の分解

 

そうですよね、

 

血液から細胞に中性脂肪をうつす

 

という役割でした。

 

 

「な~~んだ、インスリンって血中の中性脂肪を下げてくれるんじゃん。中性脂肪が高かったら、インスリンを出せばいいんじゃん!!」

 

 

この理解、間違いではないですね!

 

 

ただ、考えてみてください。

血液中の中性脂肪が細胞にうつるとどうなるか?

 

中性脂肪は細胞のエネルギーで・・・

余ったら脂肪になって・・・

 

そうです、ざっくりいうと

太る!

ことになります。

 

 

インスリンが分泌されるキッカケって、

血糖値の上昇でしたよね。

 

 

血糖値の上昇は、

糖質の摂取でした。

 

 

ここまでの流れを整理しますよ!

 

糖質を摂取すると、インスリンが分泌される。

インスリンが分泌されるとLPLの働きが強くなる。

LPLが働くと、血液中の中性脂肪が細胞内にうつる。

 

 

ややこしいので、

もっともっとざっくりといきますよ~!

 

糖質をとると、太る!!!

 

ということです。

ふぅ~~、すっきりした!

 

今までの話のまとめとして、

「糖質と脂質を一緒に取ったらどうなるか?」

考えてみましょう。

 

糖質は脂質よりも優先してエネルギーとなります。

糖質と脂質を一緒に取ったら、エネルギーはほとんど糖質でまかなわれてしまいます。

 

余ったエネルギーって、どうなるんでしたっけ?

 

そうです、

余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

 

「あれっ!?ここまで脂質使われてないじゃん!!」

「じゃあ、脂質由来の中性脂肪はどこいくの?」

 

って思っていただけたら、バッチリです!

 

そうですよね、

糖質と一緒に摂取した脂質は、

エネルギーとして使われることなく、

中性脂肪として蓄えられます!

 

+αいきますよ~~!

 

糖質をとるということは、

インスリンが分泌されます!

 

インスリンが分泌されるとどうなるんでしたっけ?

 

そうです、

インスリンの分泌によってLPLの働きが強くなります!

 

LPLの働きが強くなると・・・・・

 

みたいな感じです。

 

 

そういえば、

CMにもありましたよね!

 

「おいしいものは、でできている!」

 

みたいなやつ。

 

 

つまり・・・

 

「糖質と脂質」

 

最凶コンビ

であることがわかりますよね!

 

 

②糖尿病だとどうなるのか?

 

では次に、

糖尿病だとどういうことが起こる可能性があるのかみていきましょう!

 

 

糖尿病は、

インスリンの分泌が少ない状態

インスリンの働きが悪い状態

といわれています。

糖尿病とは?現在の定義に待ったをかける!

 

 

これは、さっきと逆ですよね。

 

 

インスリンの分泌が少なかったり、働きが悪かったりすると

LPLの働きが弱くなります!

 

 

LPLの働きが弱いと・・・

 

 

そうです、

血液中から細胞内に中性脂肪がうつりません!

 

つまり、

血液中の中性脂肪が高くなります!

 

 

糖尿病だと、中性脂肪が高くなりやすい!!

ということになりますね。

 

ちなみに、糖尿病の症状として

エネルギーがうまく使えずに痩せてしまう

というのがあるんですが、

LPLの働きが弱くて中性脂肪が蓄えにくくなる

ということも関係していると思います。

 

 

まとめ

 

LPLは中性脂肪を分解する働きがあります。

LPLは、LDLの生成にも関わっています。

インスリンによって、LPLの働きは影響を受けます。

 

 

さいごに

 

すっごく難しい内容でしたね(汗)

 

さいごにもう一つだけ、

少し考えてみましょう!

 

今回、LPLの働きや影響を及ぼす要因についてみてきましたよね。

 

あれっ、LDLが高くなる原因って!?

 

って思われた方

鋭い!!

 

LPLには、脂質異常症の改善に重要な色々なヒントが隠されています!

 

 

コレステロールは、食事の影響をほとんど受けないといわれています。

新陳代謝!?コレステロールはカラダの中でつくられる!

 

これは、

「食事から摂取されるコレステロールの」影響

という意味です。

(ここの理解を間違えると大変なことになります。)

 

ということは、

カラダの中でつくられるコレステロールが大きく関わっている!

ということになりますね。

 

じゃあ、

LDLって、どうやってつくられるんでしたっけ?

 

何がLPLの働きを強めるんでしたっけ?

 

 

もちろん、原因の一つにすぎないんですが、

ざっくり理解するだけでも、

何に気をつければいいかが分かってきませんか??

 

ねっ!

LPLって、重要でしょ!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です