コレステロールを理解する!LDLコレステロールとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

LDLコレステロール

皆さんもよくご存知、

悪玉コレステロール

と呼ばれるやつです!

 

 

でも実は、

コレステロールに悪玉も善玉もないんです。

 

コレステロールの善悪については、

こちらにまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

 

LDLコレステロール

この呼び方がコレステロールに対する誤解をまねいているんですね!

 

今回は、

LDLっていったい何なのか?

これについて、お伝えしていきたいと思います。

 

 

1.リポタンパク質の一つLDLとは?

 

LDL(low density lipoprotein)とは、

低密度(比重)リポタンパク質のことです。

 

といっても

 

「えっ、何?」

 

ってなりますよね。

 

 

リポタンパク質とは、

血液中でコレステロールや中性脂肪のような脂質を運ぶための輸送体のことです。

 

 

リポタンパク質は、

構成成分の比率によって、

種類が分けられています。

 

そのうちの一つがLDLと呼ばれます。

 

ちなみに、

善玉でおなじみのHDLもリポタンパク質の一つです。

 

低密度(比重)というのも、

リポタンパク質の種類をわけるものです。

 

遠心分離といって、

って超高速で回転させたとき、

遠心力が働いて、重たいものから遠くに飛ばされていきます。

 

中学校の授業とかで少し習ったかもしれません。

覚えてないけど・・・

 

LDLは、重さで分類したときに低密度に該当しますよ~!

といった感じです。

 

といっても

よくわからないですよね(汗)

 

安心してください!

まったく問題ありません(笑)

 

 

ここで知ってもらいたいのは、

コレステロールや中性脂肪の輸送体であるリポタンパク質の一つがLDLと呼ばれる!

ということです。

 

けっして、

LDLコレステロールと呼ばれるコレステロールがあるわけではありません!!

 

 

 

2.LDLの役割

 

コレステロールは本来、

カラダにとって、なくてはならない存在です!

 

コレステロールは、

カラダの中ですごく重要な役割を果たしてくれています!

よろしければ、こちらも参考にしてみてください。

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

LDLはリポタンパク質の中で最もコレステロールが多く含まれていて、

全身の細胞にコレステロールを運ぶ役割をしてくれます。

 

ここもぜひ知っておいてください!

LDLは、細胞にあるLDL受容体という受け皿とくっつくことによって、

細胞に取り込まれ、コレステロールを受け渡します。

 

この受け渡しがうまくいくことによって、

コレステロールを有効活用することができます!

 

 

LDLがないと

・正常な細胞ができなかったり、

・ホルモンのバランスが取れなくなったり、

・脂質の代謝にも影響がでたり、

などなど・・・

カラダに様々な支障をきたします!!

 

また、

LDLコレステロールの受け皿である

LDL受容体がうまく働かなくてもカラダは正常に働くことはできません!

 

このLDL受容体が生まれつきうまく働かない病気もあります。

これを家族性高コレステロール血症といいます。

詳しくはこちらを参考にしてみてください

家族性高コレステロール血症とは?原因とタイプを知ろう

 

 

3.LDLは、なぜ悪者扱いされたのか?

 

LDLコレステロールは、

悪玉コレステロールといわれています。

 

ではなぜ悪玉と呼ばれるようになったのでしょうか?

 

 

それは、

コレステロールが動脈硬化の大きな原因になると考えられたからです!

 

というのは、

動脈硬化が進行した血管でみられる、

プラークと呼ばれるコブの構成成分にコレステロールが含まれているからです。

 

だから、

プラークを形成するコレステロールは動脈硬化の原因!!

つまり悪者とされたのです。

 

 

4.LDLの基準値

 

LDLには基準値が設けられているんですが、

この基準が、あっちへ行ったり、こっちに行ったりしています(汗)

 

LDLの基準値(日本動脈硬化学会)

高LDLコレステロール血症:140mg/dL以上

境界型高LDLコレステロール血症:120~139mg/dL

 

日本動脈硬化学会では、

LDLコレステロールが140mg/dL以上だと

高LDLコレステロール血症とされています。

 

 

今、日本人間ドック学会では少し違った動きが出てきています。

 

LDLの基準値(日本人間ドック学会)

◯男性

72~178mg/dL

◯女性

30~44歳:61~152mg/dL

45~64歳:73~183mg/dL

65~80歳:84~190mg/dL

 

人間ドック学会では基準値が拡大されています。

女性では年齢によって基準値が異なってくるようになります。

 

女性の年齢で基準値が変わってくるのは、女性ホルモンの関係です。

女性は閉経に従って女性ホルモンが減少します。

今まで女性ホルモンの材料として使われていたコレステロールが、

そのままの状態で残ってしまうため、

必然的にコレステロールが高くなるためだと考えられます。

 

日本人間ドック学会のホームページをみる限りでは、

まだこの基準値が採用されているわけではなく、

今後の統計データなどから採用を決定していくのではないか、

と様子見の段階です。

 

 

LDLコレステロールについては

高い方がいい!

低い方がいい!

色々なことがいわれています。

 

ただ、

食事や基準などを含めて、

緩くなってきている傾向があります!

 

 

まとめ

 

・LDLは、カラダ中の組織にコレステロールを運ぶ重要な役割を担っています。

・コレステロールは、動脈硬化でみられるプラークを形成する成分の一つです。

・LDLコレステロールの基準は、緩められる傾向がみられていますが、高すぎても大丈夫というわけではないので注意が必要です!

 

以上、今回はLDLについてでした。

コレステロール自体に良い悪いがあるわけではないこと

LDLはカラダに必要不可欠なコレステロールを届ける役割を果たしていること

を理解していただければ幸いです。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です