リポタンパク質を知ればわかる、コレステロールの善悪!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

善玉コレステロールや悪玉コレステロール

よく耳にすると思います。

 

こうやって言われると、

コレステロールに良いやつと悪いやつがいるように思いますよね!

 

でも実際は、

コレステロールに良いも悪いもないんです。

 

 

ではいったい何で、コレステロールに良い悪いが出てきたのでしょうか?

 

それを理解するためには、

リポタンパク質を知る必要があります!

 

そこで今回は、リポタンパク質とは何かについてお伝えします。

 

 

1.リポタンパク質って何?

 

突然、名前を出してごめんなさい。

 

リポタンパク質!?

 

聞き慣れない名前ですよね。

 

リポタンパク質:

脂質が血漿中に存在する様態で、脂質とアポタンパク質が結合したもの

「ウィキペディア」

 

 

これをみても

 

 

ですよね。

 

すっごく難しいです(汗)

 

 

リポタンパク質を理解するために、

少しだけイメージしてみてください!

 

水と脂って混ざりますか?

 

 

混ざらないですよね!

 

そうすると、

水である血液中に、脂(脂質)であるコレステロールや中性脂肪はどうしているの?

ってなります。

 

 

カラダをうまく機能させるためには、

血液と脂質をなじませる必要があります。

 

それを実現させるためにカラダがとった行動が、

脂とタンパク質をくっつけることなんです。

 

この脂とくっつくタンパク質をアポタンパク質といい、

脂とくっついたタンパク質をリポタンパク質といいます。

 

 

リポタンパク質(lipoprotein) = 脂質(lipid) + タンパク質(protein)

 

となります。

 

 

これもなかなか難しいので、

もっとざっくりと

 

リポタンパク質 = 脂を水になじませるための形

 

という理解でいいと思います。

 

 

2.リポタンパク質の種類

 

リポタンパク質は、

・リン脂質

・タンパク質

・コレステロール

・中性脂肪

で主に構成されています。

 

この構成成分の比率によって、

大きく4つにわけられます。

 

 

1)カイロミクロン(キロミクロン)

 

カイロミクロンは、小腸で作られます。

 

カイロミクロンの構成比率:

リン脂質:約5%

コレステロール:約5%

タンパク質:約1%

中性脂肪:約90%

 

中性脂肪が多いことがわかります!

 

 

主な役割としては、

食事でとった脂(脂質)を肝臓に運ぶことです!

 

吸収された脂質という栄養素を、

上手にカラダに届けてくださいね~(^.^)/~~~

って、倉庫である肝臓に届けるのが仕事です。

 

 

2)VLDL(超低密度リポタンパク質)

 

脂質を調べていると、

とにかくアルファベットの羅列が多いです(汗)

 

それだけで敬遠したくなっちゃいます。

 

 

VLDLは何かというと、

エネルギー源である中性脂肪を筋肉や脂肪などの組織に届ける

役割を果たしてくれるリポタンパク質です。

 

 

VLDLは肝臓や小腸でつくられます。

 

VLDLの構成比率:

リン脂質:約20%

コレステロール:約20%

タンパク質:約10%

中性脂肪:約50%

 

VLDLも中性脂肪が多いですね!

 

 

カイロミクロンとVLDLは中性脂肪が多く含まれているので、

トリグリセリドリッチリポタンパク質と呼ばれたりします。

 

 

カイロミクロンに含まれる中性脂肪とVLDLに含まれる中性脂肪の違い:

カイロミクロンに含まれる中性脂肪は食事由来のもので、外因性の中性脂肪と呼ばれます。

VLDLに含まれる中性脂肪は肝臓でつくられたもので、内因性の中性脂肪と呼ばれます。

 

 

3)LDL(低密度リポタンパク質)

 

LDLはよく聞いたことがあると思います。

そうです、これが悪玉と呼ばれるものです。

 

LDLは肝臓でつくられます。

 

LDLの構成比率:

リン脂質:約20%

コレステロール:約50%

タンパク質:約20%

中性脂肪:約10%

 

4つのリポタンパク質の種類の中で

LDLにはコレステロールが最も多く含まれています!

 

なぜかって、

 

それはLDLがヒトが生きるために必要なコレステロールを全身に届けているからです!

 

 

コレステロールの役割についてはこちらも参考にしてみてください

コレステロールは必要!その重要な役割とは?

 

 

LDLがコレステロールをカラダ中に運び、

過剰になったコレステロールが動脈に沈着して動脈硬化の原因となる!

と考えられています。

 

だから、

コレステロールを運ぶLDLが悪者、つまり悪玉とされています!

 

 

4)HDL(高密度リポタンパク質)

 

もうおなじみですよね。

いわゆる善玉とよばれるやつです。

 

HDLは、肝臓や小腸などでつくられます。

 

HDLの構成比率:

リン脂質:約25%

コレステロール:約20%

タンパク質:約50%

中性脂肪:約5%

 

HDLは、全身で余ったコレステロールを回収する役割を担っています。

 

 

動脈硬化の原因といわれているコレステロールを回収してきてくれるからいいやつじゃん!

 

だから、善玉といわれています。

 

 

コレステロールと中性脂肪は

リポタンパク質というかたちで血液の中に存在しています。

 

血液検査でコレステロールと中性脂肪を測定されますよね。

これは、リポタンパク質に含まれているコレステロールと中性脂肪を測っているんですね!

 

 

ここまでで、

コレステロール自体に良い悪いがあるわけではなく、

リポタンパク質の役割に違いがある!

ということを理解していただければ幸いです。

 

 

まとめ

 

コレステロールに良いも悪いもありません。

コレステロールや中性脂肪のような脂質は、血液中でリポタンパク質として存在しています。

リポタンパク質は構成成分によって大きく4つに分けられ、それぞれ重要な役割を担っています。

 

 

LDLコレステロールは悪玉コレステロール

HDLコレステロールは善玉コレステロール

 

この呼び方が、

コレステロールに対する間違ったイメージをもたせています!!

 

本物の健康を手に入れるためには、

正しい理解をしていくことが必要です!

 

一緒に勉強していきましょう!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です