ジェネリックを嫌いな人が知らない3つの真実!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

ジェネリック医薬品

最近良く耳にされているのではないでしょうか?

 

ジェネリック医薬品ってなんだろう?

 

と思われた方は、

メリット・デメリットを合わせてまとめてあるので、

こちらを参考にしてみてください!

ジェネリック医薬品とは、そのメリット・デメリット!

 

 

調剤薬局で患者さんと接していると

 

「ジェネリック医薬品は絶対イヤ!」

 

と、ジェネリック医薬品を嫌っている方がみえます。

 

 

理由は様々ですね。

 

 

ただ、

ジェネリック医薬品が嫌いな方にも知っておいてもらいたいことがあります!

 

そこで今回は、

ジェネリック医薬品についての理解を深めてもらうためにも、

あまり知られていないジェネリック医薬品の真実をお伝えします!

 

 

1.そもそもジェネリックしかない薬がある!!

 

世の中には、

ジェネリック医薬品しかない薬が存在します!

 

 

普通であれば、

先発医薬品があって、

その後にジェネリック医薬品が発売されるという流れです。

 

だから、先発医薬品が存在します。

 

でも事実、ジェネリック医薬品しかない薬があるんです!

 

 

1)ずっと昔から使われていた薬

 

ずっと昔から、

中には200年以上も前から使われていた薬があります!

 

そのような薬には、もはや先発医薬品やジェネリック医薬品という分類がなく、

ジェネリック医薬品として扱われているものがあります。

 

たとえば、

カロナール®(成分名:アセトアミノフェン)・・・解熱鎮痛薬

マグミット®(成分名:酸化マグネシウム)・・・便秘薬

などがあります。

 

 

2)時代背景が影響した薬

 

公害が猛威をふるっていた頃、

ヒトのカラダへの安全性を証明するために、

新薬としての承認が1年以上も遅れてしまった薬があります。

 

新薬の申請を出してから承認が降りるまでに一定期間以上かかると新薬として扱われない!

という規則があるそうで、

それによって新薬扱いされなかったというカラクリです。

 

メチコバール®(成分名:メコバラミン)という薬がそうです!

 

 

これらの薬は、

ジェネリック医薬品しかないというよりも

ジェネリック医薬品として分類される

というほうが正確かもしれませんね!

 

 

2.病院での薬は、全部先発品だと思っている

 

病院に受診して薬をもらう場合、

大きく2つの方法があります。

 

・病院で直接、薬をもらう場合

・処方箋をもらって、薬局で薬をもらう場合

の2つです。

 

時々ですが、

病院で出されている薬や処方箋に載っている薬はすべて先発品だと思われている方がみえます。

 

そのような方は、

知らず知らずのうちにジェネリック医薬品を飲んでいる可能性があります!!

 

 

本当に、ジェネリック医薬品が嫌なのか?

薬局で薬が変更(先発→ジェネリック)されることが嫌なのか?

 

 

多くは、

薬局で変更するということに抵抗を持たれている

ように感じます。

 

お医者さんが出された薬が変わる!?

って感じられるんでしょうね。

 

 

これは、

薬剤師の説明不足も大きな要因です(汗)

 

 

3.先発品とまったく同じジェネリックがある!?

 

えっ、ジェネリック医薬品って先発品と同じなんじゃないの?

って思われた方は、ぜひこちらも参考にしてみてください!

ジェネリック医薬品とは、そのメリット・デメリット!

 

 

これはですね~

色んな意味でどうかと思います!

 

しか~し世の中には、

先発品とまったく同じジェネリックが存在します!!

 

 

 

ここ最近ですが、

オーソライズドジェネリック(AG)

と呼ばれるジェネリック医薬品が登場してきました。

 

すべての先発医薬品にあるわけではなく、

一部の薬にしか存在していないのが現状です。

 

 

オーソライズドジェネリックは、

主成分はもちろん、添加物や製造方法までまったく同じです。

 

 

つまりどういうことか・・・

 

先発品が名前を変えて安く売られている!!

 

ということです。

 

 

個人的には本当に許せませんヽ(`Д´)ノプンプン

 

開発資金の回収!?いや分かるけど、先発品どれだけ暴利なの?

先発品の価格を下げるだけでいいじゃん!

 

その他にも、言いたいことはたくさんあります!!

 

 

オーソライズドジェネリックの中には、

原料レベルまでいくと先発品とまったく同じでないものも存在するらしいです。

 

が、事実として

先発品とまったく同じジェネリックが存在する!

ということです!

 

 

 

ということはですよ、

 

「ジェネリックに変えたら、効かなくなった!」

 

とおっしゃられる方、

それがオーソライズドジェネリックだったら・・・

 

ハッキリいいます!

それ、気分です!!

 

 

さいごに

 

ジェネリック医薬品には、メリットもあればデメリットもあります。

ただし、ジェネリックは絶対イヤと頭から入ってしまうと、オーソライズドジェネリックのようにジェネリックのメリットだけを受けられる場合も逃してしまいます。

 

ジェネリック医薬品のメリットやデメリットを知って、

有効活用していきましょう!!

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です