Support Your Healthy Life

ペアアクネクリームと同じなの!?ニキビ治療薬メンソレータムアクネスの効果、副作用、使い方を詳しく解説!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、薬剤師の浅井です。 人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切! という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。 このブログでは、健康に関する情報とライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

 

ニキビの薬、たくさんあるなぁ・・・

どの薬がよく効くのかなぁ・・・

ニキビに悩むアザラシさん

 

ニキビ治療薬には、ドラッグストアなどで買えるものだけでもたくさんあります!

ドラッグストアで買うことができるニキビ治療薬の参考記事

クレアラシルでニキビが悪化するって本当?クレアラシルの使い方や効果、副作用について!

オロナインでニキビが悪化!?オロナインのニキビに対する効果はいかほど?

市販で手軽にニキビ治療!?諸刃の剣「テラコートリル」の使い方・効果・副作用を詳しく解説

 

ここにあげたのは一例ですが、

これだけでも、どれがいいのか迷ってしまいますよね(汗)

 

 

それぞれの薬に特徴があるので、

自分にピッタリの薬を選んでいくことが大切です。

 

 

薬を選ぶ一つの基準として、

「有効成分の濃度」があります!

 

 

今回ご紹介するメンソレータムアクネス25(アクネス)は、

有効成分を高濃度に配合したニキビ治療薬です!

 

それでは、アクネスがどのような薬なのか解説していきます!

 

有効成分の濃度は、

薬を選ぶ基準の一つじゃ~!!

ニキビ肌の改善ならおまかせ!ダイジョーブ博士

 

 

1.アクネスってどんな薬なの?

 

アクネスは、「イブプロフェンピコノール(IPPN)」「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」の2つの成分が入ったニキビ治療薬です。

 

  • イブプロフェンピコノール
  • イソプロピルメチルフェノール

それぞれの成分にはどのような効果があるのか、みていきましょう!

 

 

(1)イブプロフェンピコノール(IPPN)

 

「イブプロフェン」

どこかで聞いたことがあるという方もいるかもしれません。

 

「EVE(イブ)」という頭痛薬をご存知でしょうか?

この「イブ」に入っている成分が、「イブプロフェン」です!

 

 

イブプロフェンには、

痛みや炎症をおさえる効果があります。

 

このように、

IPPNには、ニキビによる炎症や痛みをおさえる効果があります!

 

 

(2)イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

IPMPは、市販で買うことができるニキビ治療薬によく含まれている成分です。

 

 

IPMPが含まれているニキビ治療薬を紹介した記事はこちら

ビフナイトってニキビに効くの?ビフナイトシリーズを徹底解説!!

大人ニキビの治療薬!?ペアアクネクリームの効果、副作用、使い方を詳しく解説!

 

 

ニキビができる原因の一つは、

アクネ菌と呼ばれるバイ菌が増えすぎてしまうことです!

 

IPMPには、アクネ菌をやっつけて、ニキビの原因をおさえる効果があります!

 

 

アクネスは、

アクネ菌をやっつけてニキビをできにくくし、

できてしまったニキビによる炎症や痛みをおさえるニキビ治療薬です!

 

 

アクネスには、

「抗炎症作用」と「殺菌作用」があるんじゃ!!

ニキビ肌の改善ならおまかせ!ダイジョーブ博士

 

 

(3)ペアアクネクリームとの違いは?

 

「IPPN」と「IPMP」が入ったニキビ治療薬には、

アクネスの他にも、ペアアクネクリームがあります!

大人ニキビの治療薬!?ペアアクネクリームの効果、副作用、使い方を詳しく解説!

 

 

「ペアアクネクリーム」「アクネス」

この2つのは、全く同じ成分が入ったニキビ治療薬です!

 

 

この2つの薬の違いは、どこにあるのでしょうか?

 

作っているメーカーが違うけど・・・

ニキビに悩むアザラシさん

 

作っているメーカーは、

ペアアクネクリームが洗濯洗剤の「トップ」でお馴染み「ライオン株式会社」で、

アクネスが「メンソレータム」や「肌ラボ」でお馴染み「ロート製薬」です。

 

作っているメーカーは確かに違いますね・・・

 

この2つの薬には、重要な違いがあります!

自ら重症ニキビを克服!管理人薬剤師

 

「ペアアクネクリーム」と「アクネス」

この2つのニキビ治療薬は、

入っている成分の量(濃度)が違います!!

 

 

ペアアクネクリーム

 

ペアアクネクリームに入っている成分の量は

  • IPPNが3%  →  100gに3g入っている
  • IPMPが0.3%  →  100gに0.3g入っている

です。

 

アクネス

 

一方で、アクネスに入っている成分の量は、

  • IPPNが3%  →  100gに3g入っている
  • IPMPが1%  →  100gに1g入っている

です!

 

 

ペアアクネクリームに比べると、

アクネスの方が、IPMP(菌をやっつける薬)が多く入っています!!

 

 

入っている量が多いほうが強い効果が期待できる(注:一概にいえない場合もあります。)ので、

アクネスの方が菌をやっつける力が強いということになります!

 

菌をやっつける力は強いけど、逆に、

アクネスの方が副作用が出やすいというデメリットもあります!!

 

 

2つの薬のうち、どちらがいいということはできませんが、

  • 効果を求めたいのであれば  →  アクネス
  • やさしい薬を求めたいのであれば  →  ペアアクネクリーム

というような選択ができるのではないでしょうか!

 

効果と副作用のバランス

どちらを重要視するかも大切なことなんじゃ~!

ニキビ肌の改善ならおまかせ!ダイジョーブ博士

 

 

2.アクネスの使い方や注意事項、副作用は?

 

アクネスは、医薬品です!

 

医薬品には、添付文書と呼ばれる説明書がついています。

 

 

その説明書によると、アクネスは、

1日数回、石けんなどで洗顔後、適量を患部に塗布してください

「引用元:アクネス添付文書」

とあります。

 

数回とか適量ってどのくらいなの~??

ニキビに悩むアザラシさん

 

「数回」や「適量」という言葉は、すごく曖昧です(汗)

まずはこれらの疑問から解決していきましょう!

 

 

(1)数回っていったい何回なの?

 

アクネスを使うときは、

1日1~2回で様子を見るようにしましょう!

 

 

まずは1日1回、夜寝る前に!

 

塗り薬を使うときに気をつけたいこと

 

それは、

「効果が出るかどうか」よりも「お肌に合うかどうか」です!

 

 

もしお肌に合わなかったら、

ニキビが治らないどころか悪化してしまうことがあります(泣)

 

 

使い始めの1~2日は、

1日1回でお肌に合うかどうかを確認しましょう!

 

説明書(添付文書)にはこんなことが・・・

使用前に腕の内側などに少量を塗布して一晩そのままにしておき翌朝、塗布部位に過敏症状(発疹・発赤、かゆみ等)があらわれた場合は使用をお避けください

「引用元:アクネス添付文書」

 

これは「アレルギーテスト」と呼ばれるもので、

お肌に合うかどうかを確認するために行います。

 

 

もしも・・・

このアレルギーテストでお肌に合わないことがわかったら、

もったいないと思っても使ってはいけません!!

 

 

実際に行うのは面倒かもしれませんが、

アレルギーテストは、カラダを守るためには大切なことです!

 

 

アクネスに限らず、

塗り薬を使う前は、アレルギーテストを行うことをおススメします!

 

 

どうしても症状が気になる時は・・・

 

1日1回で本当に大丈夫かなぁ・・・

ニキビに悩むアザラシさん

 

  • どうしても物足りないと思われる方
  • どうしても症状が気になる方

 

どうしてもというときは、

朝と夜の1日2回に回数を増やして様子を見てみましょう!

 

ニキビを早く治したいという気持ち、すごくよくわかります!

僕も早く治らないかとずっと祈っていました!!

 

ですが、薬を使う時は、

治ることよりも、カラダに合うかどうかを大切にしてほしい

というのが僕の本音です!

 

 

薬を使って症状が悪化してしまったとき、

手に負えないことになる可能性があります!

 

 

本気でニキビの悩みを解決したいと思ったら、

ニキビを治すという意識から抜け出す必要があります!

大切なことは、治すことではありません!!

ぜひこちらを参考にしてください。

間違いだらけのニキビ治療!ニキビループから抜け出すたった1つの方法!!

自ら重症ニキビを克服!管理人薬剤師

 

 

(2)適量ってどのくらい?

 

アクネスは、菌をやっつける薬です。

 

菌をやっつける薬は、

絶対に塗り拡げてはいけません!

 

 

説明書にも書いてあることですが、

アクネスは、ニキビができているところにだけ、つけるようにしてください!

 

 

ニキビができているところにだけつける量

それが適量ということになります。

 

 

(3)使用上の注意!!

 

  • 注意その1

 

アクネスは、

ニキビがある部分にだけ使ってください!

ニキビがない部分には、使ってはいけません!

 

 

  • 注意その2

 

アクネスの説明書には、

5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

「引用元:アクネス添付文書」

とあります。

 

説明書にも書いてあるように、

菌をやっつける薬は、長期間使ってはいけません!!

 

 

1週間くらい(5~6日)使ってみて、

症状に変化が見られない時は、

使うのをやめましょう!

 

 

(4)アクネスの副作用!

 

アクネスには、

次のような副作用が認められています。

 

  • お肌にボツボツができる(発疹)
  • お肌が赤くなる(発赤)
  • 塗ったところにかゆみがでる
  • お肌がヒリヒリする(刺激感)
  • お肌が腫れる
  • お肌がツッパる(乾燥)

など

 

どんな薬にも、必ず副作用があります!

薬を使う時は、副作用が出ていないかどうか確認しましょう!!

 

!!注意!!

たとえ効果があると感じていても、

アクネスをつけることでお肌に違和感があれば、

すぐに使うのをやめましょう!!

 

 

さらに怖い副作用が、耐性菌です!!

菌をやっつける薬には、耐性菌をつくってしまう恐れがあります。

 

耐性菌とは、、、

抗生物質を使い続けることにより、細菌の薬に対する抵抗力が強くなって薬が効きにくくなることです。

 

耐性菌は、ニキビを複雑にしてしまう原因の一つです!

 

 

アクネスに限ったことではありません。

菌をやっつける薬は、絶対に長期間使ってはいけません!!

 

「菌をやっつける薬」と「耐性菌」は裏と表の関係なんじゃ~!

切っても切れないから、注意が必要なんじゃ~!!

ニキビ肌の改善ならおまかせ!ダイジョーブ博士

 

 

3.薬の切り替えに注意!

 

アクネスとペアアクネクリームには、

全く同じ成分が入っています!

 

 

2つの薬を単純に比べると、

アクネスの方が強い効果が期待できます!

 

 

(1)アクネスからペアアクネクリームへの切り替え

 

アクネスで効果がなかった~(泣)

ペアアクネクリームは、どうだろう~??

ニキビに悩むアザラシさん

 

アクネスを使ってみて効果が感じられないと思ったときに、

ペアアクネクリームに切り替えても効果は期待できません!

 

 

アクネスを使っても効果がないときは、

別の成分が入っている薬への切り替えを検討しましょう。

 

 

(2)ペアアクネクリームからアクネスへの切り替え

 

ペアアクネクリームを使っても効果がなかった~(泣)

アクネスに切り替えてみようかな~・・・

ニキビに悩むアザラシさん

 

ペアアクネクリームを使ってみて効果が感じられないときに、

アクネスに切り替えることで効果が出る可能性があります!

 

ただし、この場合、

長期間の使用になる可能性があるので、注意が必要です!

 

 

菌をやっつける薬は、

絶対に長期間使ってはいけません!

 

ペアアクネクリームからアクネスに切り替える場合は、

薬の使用が長期間にならないように注意しましょう!

自ら重症ニキビを克服!管理人薬剤師

 

 

まとめ

 

・アクネスは、「抗炎症作用」と「殺菌作用」でニキビを治す薬です。

・1日1~2回、ニキビがあるところにだけ、塗りましょう。

・1週間くらい(5~6日)使ってみて効果がなければ使うのをやめましょう。

・お肌に合わないときは、すぐに使うのをやめましょう。

・アクネスとペアアクネクリームは、含まれている成分が同じです。薬を切り替える時は十分に注意が必要です。

 

大切なカラダを守り、薬の効果を最大にするためにも、

薬を買う時は、必ず専門家に相談するんじゃ~!

ニキビ肌の改善ならおまかせ!ダイジョーブ博士

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、薬剤師の浅井です。 人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切! という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。 このブログでは、健康に関する情報とライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© LifeをDesignするお手伝い , 2018 All Rights Reserved.