2017/02/26

病気を知ろう【高血圧編;高血圧治療の流れ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

高血圧の治療目的は、

心血管病の発症・進展・再発を抑制し、死亡を減少させる

「JSH2014」

ことです。

 

これまでに得られた情報から、

収縮期血圧10mmHg、拡張期血圧5mmHgの低下により心血管病リスクは脳卒中(脳の血管が詰まったり、破れたりする病気)で約40%、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞などの心臓周りの動脈に関わる病気)で約20%減少する

「JSH2014」

ことが明らかにされています。

 

このようなデータがあると、

血圧を下げることの重要性がわかりますね。

 

今回は、

「血圧の治療方針がどのように決まるのか」

高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)を基に、みていきたいと思います。

 

1.高血圧の方は、3つに分類されます

 

高血圧の方は、血圧の状態、その他の危険因子(後で例をあげますね)があるかないかによって、低リスク、中等リスク、高リスクの3つに分類されます。

JSH2014に載っている表を付けるので、まずは、自分がどこに分類されるのか確認してみてください。

次のサイトが参考になります。

http://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/complete/diagnosis/di01.html

 

「危険因子」

喫煙、糖尿病、脂質異常症、肥満、慢性腎臓病、高齢、若年発症の心血管病の家族歴などがあり、この中で糖尿病は特に強い危険因子と考えられています。その他にも、メタボリックシンドローム(MetS)などもあります。

「JSH2014」

 

 

表にあるMetSの3項目とは、内臓脂肪型肥満と血圧高値、そして糖代謝異常あるいは脂質代謝異常のどちらか1つの合計3つのことで、4項目とは、これらすべてを満たすことをいいます。

 

MetSの診断基準には、

内臓脂肪型肥満(腹囲)、血圧高値、脂質代謝異常(コレステロールや中性脂肪のこと)、糖代謝異常(糖尿病のこと)の4項目あり、これらの中で、腹囲とその他の条件の2つ以上を満たすと、MetSとなります。

「日本肥満学会」

 

そして、これら3つの分類に基づいて高血圧の管理計画が立てられます。

 

2.初診時の高血圧管理計画を知ろう

 

「血圧が高いですね。」

と始めて言われたとき、この高血圧管理計画を知っているだけで、

適正な治療を受けることにつながります。

 

JSH2014の初診時の高血圧管理計画は、次のようになっています。

次のサイトを参考にしてみてください

http://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/complete/diagnosis/di01.html

 

 

まず、血圧が高いと1回言われたとしても、別の日に何度か血圧を測定することによって、本当に血圧が高いのかどうかを確認することが大切です。

 

そして、この計画によると、血圧が高いと認められた場合でも、

高リスク群に分類されていない限り、いきなり薬という選択にはならないことになります。

 

つまり、

血圧が高いと言われたら、高リスク群を除いて、まずは生活習慣を見直すことが必要だ!

ということになります。

もちろん、高リスク群でも、生活習慣を見直すことは重要です。

 

参考:二次性高血圧ってなに?

高血圧には2種類あります。1つ目は、原因が分からない高血圧で本態性高血圧といいます。そしてもう1つが二次性高血圧で、原因が分かっている高血圧をいいます。日本人における高血圧の約9割が本態性高血圧であると言われています。

 

3.血圧はどこまで下げるの?

 

「血圧の管理を始めたけど、いったいどこまで血圧を下げればいいの?」

単純に血圧を下げるだけでは、過度な治療を受けることになったり、必要な管理に至らなかったりする場合があります。

だから、血圧管理の目標値を知っておくことも、適切な治療を受けるためには重要ですね。

こちらのサイトを参考にしてみてください。

http://www.ketsuatsu.com/topics/01.html

 

この表を参考にしてもらえれば、どのくらいを目標として血圧を管理すればいいのか、把握することが可能です。

 

そしてもう1つ、

「逆に、低ければ低いほどいいの?」

という疑問もあると思います。

 

JSH2014には、このような記載があります。

115/75mmHg未満の血圧で心血管病がさらに減少するかどうかは明らかではなく、至適血圧レベルまで降圧して予後の改善を示した介入試験はない

 

ですので、一つの指標として115/75mmHg前後を管理目標の下限とするのがいいと思います。

 

ただ、ここが難しいのですが、これはあくまで参考ということで、

すべてのヒトにとって、この基準が最適であるとはいえないということです。

 

収縮期血圧が120mmHg以下になると、体調が悪くなる方もみえますし、

逆に、130mmHg以上になると体調が悪くなる方もみえます。

 

そういう方は、「数値」はあくまで参考にしていただいて、自分のカラダにあった血圧で管理をしてください。

治療に至るプロセスに注目して、正しく治療計画を立ててもらっているのかどうかなどに注意を払ってもらえればいいと思います。

 

4.血圧治療のプロセスを知ろう

 

何よりもまずは生活習慣の改善です!

 

①生活習慣を見直そう

 

治療管理計画にもあるように、まずは、生活習慣を見直すことが大切です。

高血圧も生活習慣病の1つです。

ということは、生活習慣を改善すれば、血圧の管理を期待することができるということになります。

 

そして生活習慣の改善は、もっとも安全で低コストなので強くおススメします!

 

だから、別の機会にもっとしっかりとお伝えしていきたいので、ぜひ楽しみにしておいてください。

そしてこのブログのメインテーマの1つでもあるので、お役に立てて頂ける情報があれば、その都度、お伝えしていきますね。

 

②必要があれば薬による治療も

 

生活習慣の見直しは、大切です!

ですが、生活習慣の改善ってすごく根気がいるんです。

すぐに結果が得られるわけではないから、継続が必要なんです。

 

本当に難しい!

だから、生活習慣の改善だけでは十分な血圧管理に至っていないのが現状です。

 

生活習慣で十分に血圧を管理できなかったときは、必要に応じて「血圧を下げる薬(降圧薬)」を使用することになります。

 

JSH2014には、降圧薬の選択についても書かれています。

降圧薬の選択については、専門性が高くなるので、今後、専門家向けとしてお伝えして行きたいと思います。

 

まとめ

 

高血圧の方は、有するリスクに応じて3つに分類されます。

そして、それぞれの分類に沿った治療計画があります。

 

これらの分類と治療計画を知ることは、適切な医療を受けることにつながります。

 

血圧の管理は長期戦です。

生活習慣の見直しや必要に応じた服薬を継続しながら血圧の管理をしていきましょう。

 

そして、適切な血圧治療が受けられているのかどうか、

医者や薬剤師に相談することによって計画の見直しをしていきましょう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です