2017/02/26

脳梗塞の既往がある方の高血圧コントロール

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

今回からは、臓器障害を合併する場合の血圧コントロールについて、高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)をベースにみていきましょう。

 

 

「西洋薬は病気を治さない!」

「薬なんて意味がない!だから、絶対飲まない!!」

という方、みえるのではないでしょうか。

 

 

それでも、薬が必要なときや抜群に効果を発揮してくれることもあるんです。

 

その一つが、今回からお伝えしていくシリーズです。

 

第1回.脳血管障害を合併した方の高血圧コントロール

 

まず、脳血管障害とは何か、確認しますね。

 

脳の血管が障害を受けることによって生じる疾患の総称

「ウィキペディア」

 

とされていますが、もっと具体的にイメージしてもらうと

「脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、やぶれたり(脳卒中)する病気」

となります。

 

 

この脳血管障害、1回起こってしまったら、2回目以降(「再発」って呼ぼれます)は起こりやすくなってしまうんです!!

 

 

そして、再発に最も関係しているのが、高血圧なんです!!

 

 

だから、高血圧をコントロールすることが、すごく大事になってきます。

 

注意!!

ここからお伝えすることは、脳血管障害が起こってすぐ(「急性期」や「亜急性期」と呼ばれる状況)ではなく、症状が落ち着いてから(「慢性期」や「無症候期」と呼ばれる状況)のことです。

急性期や亜急性期は、当然病院ですし、自己判断なんて絶対ダメです!!

 

1.血圧の目標値はどうすればいいの?

 

 

①脳梗塞の場合

 

 

結論から先に。

 

 

「わかりません!!」

 

 

というのは、同じ脳梗塞という病気の名前でも、動脈の狭窄(狭くなること)度合いによって、血圧を低めでコントロールした方がよかったり、逆に高めでコントロールした方がよかったりするからです。

 

 

でもそれでは困ってしまうので、ヨーロッパやアメリカなどの基準も参考にしながら、JSH2014では、

慢性期脳梗塞の降圧目標は、140/90mmHg未満とする(狭窄度合いなどの条件によって異なる)

とされています。

 

 

JSH2014には、こんな記載もあります。

脳血管障害や心臓病の再発予防のために抗血栓薬を飲んでいる場合には、脳出血の再発は、は発症直近時の血圧値が低いほど、発症率が低く、130/81mmHg未満に降圧することが妥当であることが示された。

 

 

抗血栓薬は、脳梗塞などの血管が詰まって起こる病気を予防するために、血液をサラサラにする薬です。

 

 

血液がサラサラになるということは、出血しやすくなったり、血が止まりにくくなったりします。

 

血圧は、血管の壁に当たる圧力(力)なので、高いほど血管に強い力が加わって破れやすくなります。

 

 

抗血栓薬を飲まれている方は、特に血圧コントロールをしっかりする必要があります。

 

・再発が起こりやすい

・出血しやすい

・原因が高血圧

 

というように、色々な条件が重なるからです。

 

 

一度病気が発症すると、再発しやすくなります。

自己判断は禁物です!!

 

 

②脳出血の場合

 

 

脳出血の場合は、

拡張期血圧が75-90mmHgが良いとする報告、90mmHg未満で再発率が少ないとする報告があるそうですが、エビデンスレベルは低いとのことです。

 

JSH2014では、

脳出血の最終目標は140/90mmHg未満とし、可能であれば130/80mmHg未満を目指すことを勧める

としています。

 

 

ここでも強くお伝えしたいのは、

「自己判断は禁物!」

ということです。

 

 

③くも膜下出血の場合

 

 

くも膜下出血って、テレビでも取り上げられたりしてよく名前を聞いたことがあると思います。

 

 

「ハンマーで殴られたような頭の痛み」があると言われるほど、強烈な痛みを伴う病気です。

 

こちらも参考にしてみてください。

https://www.ishamachi.com/?p=6955

 

 

JSHに2014では、

降圧目標は、脳出血に準ずる

とされています。

 

 

2.薬は何を使えばいいの?

 

脳血管障害の再発予防に、薬は絶対必要です!

(もちろん、色々コントロールできていればいらないかもしれませんが)

 

 

以前、「高血圧は薬では治らない」というフレーズを使いました。

カリウム保持性利尿薬の特徴

 

(これについては、別の機会でお伝えしていきます。)

 

 

ですが、血圧のコントロールはできるんです。

 

そして、このコントロールが非常に有効なんです。

 

 

だから、再発予防には薬は絶対必要です!!

 

 

「なら、どういう薬が使われるの?」

ということになるんですが、血圧のコントロールが重要視されたり、その中の種類が重要視されることもあるので、JSH2014では、

 

カルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬のいわゆる第一選択薬を推奨する

 

としています。

 

 

再三お伝えしますが、

「自己判断は禁物です!!」

 

 

3.無症候期って何?

 

脳血管障害には、無症候期といって、症状は発生していないけど、脳の血管がやや詰まっている状態(小梗塞)や少し出血している状態(微小出血)もあります。

 

このときの降圧目標は、原則的に上記に準ずることとなっているのですが、脳ドックなどによらないと発見されないので、心配な方は、定期的に検査を受けることも考慮されるといいと思います。

 

 

まとめ

 

脳血管障害の再発を予防するため、高血圧をコントロールすることは必須です!

 

 

コントロールは、病気の状態によっても異なっているので、必ず専門医の指示に従ってください。

 

自己判断は絶対にダメです!!!

 

 

再発もそうですが、まずは脳血管障害を発生させないこと。

そのために、日々の生活習慣を見直すことが大切です!!

 

健康未来は、今の積み重ねです。

少しずつ気をつけていきましょう!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です