たったこれだけ、高血圧の薬を減らす方法!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして、薬剤師の浅井です。
人生を幸せにおくるためには、健康とお金が大切!
という思いで、税理士資格を取得(大学院修了後)し、現在、CFPの勉強中。
このブログでは、健康に関する情報とお金・ライフプランニングに必要な情報をお伝えしていきます。

このサイトについて!

浅井秀星

 

「血圧が少し高いね、薬出しておきますね。」

 

 

「血圧の薬、とうとう飲まなれければいけないのか!?」

「高血圧の薬は、始めると一生飲み続けないといけないんでしょ?」 

「血圧、正常なんだけど、まだ薬を飲まなければならないの?」

 

 

こういう質問をよく受けます。

 

そこで今回は、

「血圧の薬を減らしたい、やめたい!」

そう思っている方に、ぜひ知ってもらいたいことをお伝えします。

 

たったこれだけで、今服用されている薬を減らすことができるかもしれません!

 

 

1.たったこれだけ、降圧目標値を知ろう!

 

血圧が高いと脳卒中や心筋梗塞など重大な病気に繋がる可能性が高くなり、死亡リスクが高まることはよく知られていると思います。

 

だから、高血圧は改善した方がいい!

これは紛れもない事実です。

 

ですが、血圧は低ければ低いほど良いかといわれると、そういうわけではありません。

血圧が低すぎると、めまいやふらつき、ひどい時は、意識消失に繋がる可能性だってあります。

 

まずは、自分はどのくらいまで血圧を下げないといけないのか、その目標値を知りましょう!

 

「参考:高血圧治療ガイドライン2014、降圧薬の真実を参考に作成」

 

 

もう一つ、血圧の分類についても確認してください。

 

「参考:高血圧治療ガイドライン2014、降圧薬の真実を参考に作成」

 

 

この目標値と分類、普段まったく縁がないと思います。

 

ですが、

血圧の薬を減らしたいと思っているあなた!

自分の目標がどのくらいなのか、絶対に知っておいてください!

 

 

たったこれだけで、今飲んでいる薬を減らせるかもしれません!!

 

 

2.血圧の値と疾患リスクとの関係、薬の効果について知ろう!

 

自分の目標血圧がどのくらいなのか、自分がどの分類になっているのか、だいたい把握することができたでしょうか?

 

それでは次に、血圧の値とリスクとの関係についてみていきます。

 

高血圧治療ガイドライン2014によると、中年者、高齢者、後期高齢者のいずれにおいても、血圧の分類が至適に近づくほど心血管病による死亡のリスクが低くなることが示されています。この傾向は、年代が若くなるほど強くみられることが示されています。

 

逆にみると、後期高齢者では血圧の分類によってリスクは低減するものの、ほとんど差がない状態です。

(ちなみに、差とみるのか誤差とみるのかは微妙なところですが、至適血圧と正常血圧を比べると、正常血圧のほうがむしろリスクが低くなることが示されています!)

 

どういうことが言えるのかというと

 

75歳以上の後期高齢者では、血圧は正常血圧まで下げれば十分である!

 

ということです。

 

 

もちろん若年層も同じで、血圧を必要以上に下げる必要はありません!

至適血圧以上に下げることのメリットを示したデータは、高血圧ガイドラインにもありませんから。

 

 

次に高血圧の薬についてですが、実に残念な結果をお知らせしなければなりません。

 

著書「血圧の薬をやめたい人へ 降圧薬の真実」の中に、

高血圧の薬を飲んでも、脳卒中のリスクは高いままである

とあります。

 

タイトルからも分かるようにちょっと尖った一面もありますが、論文などのデータをもとに、わかりやすく分析されているので、詳しく知りたい方は読まれることをおススメします!

 

 

3.さあ、一歩踏み出そう!

 

あなたは、自分の目標血圧がどのくらいなのか把握しました。

 

そして、血圧と疾患リスクとの関係についても知ることができました。

 

あとはあなた次第です!!

 

 

いつも診てもらっている先生に相談してみてください!

 

至適血圧以下でコントロールできている場合は、血圧の薬を減らすことができるかもしれません!

状態によっては、血圧の薬を無くすことだってできるかもしれません!!

 

 

あなたのカラダを守ることができるのは、医者でも薬でもありません。

あなた自身です!

 

 

ぜひ、一歩踏み出してみてください!!

 

 

これだけは絶対にやっちゃダメ!!

 

「血圧は正常だからもう治った!薬はやーめた!!」

 

こういった自己判断、これだけは絶対にやっちゃダメです!

 

薬の種類によっては、急に中止すると血圧が急上昇してしまう場合があったり、血圧を下げることだけを目的として薬が出されているわけではない場合があるからです!

 

自己判断は絶対ダメです!!

 

 

さいごに

 

「血圧の薬は一生飲み続けなければならない!」

この答えは、NOです!

 

 

どうしても薬が必要な場合もありますが、減薬や断薬は可能です!

 

自分の目標や状態を知り、先生とよく話し合って薬を減らしていきましょう!!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です